【愛ちゃんが行く!】雲海肴(雲南料理:大望路)

この日はほぼ満席。エスニックな感じの店内です。
この日はほぼ満席。エスニックな感じの店内です。

出張なども多く、WBCで何かとアップできていなかった「愛ちゃんが行く!」は久々の中華料理編で。この日はほぼ満席。エスニックな感じの店内です。

雑誌なんかには載ってないですが、日本人でも美味しくいただけるのでご案内します。

「雲海肴」という雲南料理のお店で、場所は大望路の「金地広場」の3階にあります。地下鉄と直結して何かと人通りが多くなったのですが、意外と上の階まで上る人はまだまだ少ないかと。

その3階に中国のお客様で賑わうお店があります。雲南料理なので若干辛めのものが多いのですが、チョット小洒落た創作料理っぽいものもあり、お上品に中華料理を楽しめます。この日はほぼ満席。エスニックな感じの店内です。

さすがに50以上もの少数民族で形成されてる雲南省だけあってお味の方もバラエティにとんでます。

入口横のカウンターでポーズの愛ちゃん。
入口横のカウンターでポーズの愛ちゃん。
「傣味拌鱼松」は魚をほぐしたものを和えて作った料理です。左の「薄荷牛肉卷 」はその名の通り、ミントの葉を牛肉で巻いてあります。
「傣味拌鱼松」は魚をほぐしたものを和えて作った料理です。左の「薄荷牛肉卷 」はその名の通り、ミントの葉を牛肉で巻いてあります。
お茶の葉と揚げた豆腐を炒めたピリ辛の「茶香豆腐」。
お茶の葉と揚げた豆腐を炒めたピリ辛の「茶香豆腐」。

「苦菜炒饭」は少し苦目の葉物を混ぜあわせたチャーハンです。
「苦菜炒饭」は少し苦目の葉物を混ぜあわせたチャーハンです。
「茉莉花炒蛋」は卵とジャスミンの蕾の炒めもの。 ジャスミンの味と卵のハーモニーが不思議な味ですね。
「茉莉花炒蛋」は卵とジャスミンの蕾の炒めもの。 ジャスミンの味と卵のハーモニーが不思議な味ですね。

 

コレ以外にもいろいろな「汽锅鸡」という汤(スープ)をお願いしてお腹いっぱいになりました。

 

四川料理で有名なお店はたくさんありますが、雲南料理もたまにはいいですね。
中華料理を食べたくなったらぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?