北京でおすすめのカレーライス!?

看板は赤でよく目立つ。今はクリスマスのデコレーションも。
看板は赤でよく目立つ。今はクリスマスのデコレーションも。

北京でおすすめのカレーライス、と言ってもグルメ情報とは違いますんで。
単純にいつも昼飯を食いに行く店にあるカレーライス。
事務所の下にある1軒を紹介しましょう。看板は赤でよく目立つ。今はクリスマスのデコレーションも。

今日行くとなんと値上がりしてた!
チョットショック・・・。看板は赤でよく目立つ。今はクリスマスのデコレーションも。


店の名前は「一品三笑」という快餐と呼ばれる俗にいうファーストフード店。
まぁ中国版マクドやケンタッキーみたいなもんでしょうか。

いつも時間を外し13時過ぎに行く。 今日もひと山超えたあたりのカウンター。
いつも時間を外し13時過ぎに行く。 今日もひと山超えたあたりのカウンター。

 

北京に20店舗ほど展開するチェーン店。
価格も都会のFF店にすれば割とリーズナブル。
お昼時はそこそこ入ってて味も遜色なし。いつも時間を外し13時過ぎに行く。 今日もひと山超えたあたりのカウンター。

まさにFF店同様カウンターで注文して出来上がるのを待ち、
出来上がったら自分で好きな席に座って食べる。

ボリウムもそこそこ、腹イッパイになる。コメはさすがにパサパサですが。
ボリウムもそこそこ、腹イッパイになる。コメはさすがにパサパサですが。

 

ココでいつも喰うのが「チキンカレー」
これがまた中国特有の黄色くて水っぽいカレーではなく、
それなりに鶏肉やジャガイモがゴロゴロのカレーなんです。
味も日本人が食っても全然問題なし。
まさに日本のレトルトカレーに近い味で甘口と中辛の中間ぐらい。

メニューはザッとこんな感じ。大きな価格はセット価格。 (サブメニューと飲み物がついた価格です。)
メニューはザッとこんな感じ。大きな価格はセット価格。 (サブメニューと飲み物がついた価格です。)

 

実はコレがついこの前まで9元≒112円やったんですね。
それが今日行くとなんと11元≒138円に!

「アイヤ~、なんや~、いきなり20%もアップかいな~メニューはザッとこんな感じ。大きな価格はセット価格。 (サブメニューと飲み物がついた価格です。)

と思うも、このへんでは他の店と比べるとまだ魅力のある方ですね。

店内を見るといつも結構このカレー喰ってるヒトがいるんよね。
だいぶとカレー文化も根付いてきたんかな~。

ほかにも同じようなぐらいのメニューがあるけど結局いつもコレ。
下手な日本料理屋のカレーよりもイケるかも!?メニューはザッとこんな感じ。大きな価格はセット価格。 (サブメニューと飲み物がついた価格です。)
北京に駐在の皆さん、よかったら一度試してみてはいかが。
店のマップがあるのでココのホームページを見て近くを探してくださいな。

ではでは・・・