· 

【我的第二故乡中国:第一章】被决定派遣中国(中国への赴任が決まる)

昔の画像がないので数年前の上海の夜景を。(2016年6月撮影)
❏ 昔の画像がないので数年前の上海の夜景を。(2016年6月撮影)

それでは早速本章に入っていきたいと思います。

 

 ボクが初めて中国大陸に上陸したのが確か2001年!?で、会社の研修旅行なる名目で上海へ。生産拠点があったため上海周辺の工場視察ということで社内からおよそ20名程度の選抜で行きました。

 

 当時はまだ浦東空港から市内への道路も整備されておらず、大渋滞で2時間以上かかった記憶があります。道は悪く交通ルールはムチャクチャで、車線や歩道、畑道など関係なく空いていれば突っ込んでいくと言った始末。そのおかげで道中の衝突事故は当たり前で渋滞が更にひどくなると言う悪循環。”あ~っ、中国ってこういう国なんや~”と、異国感を感じたファーストインスピレーションでした。

 

 とは言いながら、市内のホテルや街を見てみると”意外に普通やん”という何ら日本と変わらないイメージでした。それでも数日間に渡って視察に回った工場あたりは市内から2時間程度にも関わらず”ココどこ?”っと言うぐらい景色が変わった記憶があります。まぁ、その時代の初めての郊外だったので頭の中では街とのギャップはかなり大きかったのかもしれません。

 

 でも初めての中国を体験したボクは”中国って意外に住みやすいんとちゃうの”という感覚でした。2001年の中国WTO加盟ということもあり、2002年頃から浮上した中国進出に乗っかてもいいかなぁ~ということで、海外赴任については”いつでもどこでもいきますよ~”てな感じで積極的な姿勢をとっていたわけです。

 

 

 

上海へ行くと晩飯後によく行った「田子坊」(2016年6月撮影)
❏ 上海へ行くと晩飯後によく行った「田子坊」(2016年6月撮影)

 そしてついに中国赴任の矢がボクに向けられたわけです。

 

 2003年に入ってからなんとなく準備しとけ的な雰囲気になり、それなりに先回りしてできることを準備していました。とはいえ最終的に確定したのは2003年2月の全体会議。言うたらすぐの会社だったので、2月に段取りして3月には赴任というスケジュールに。とりあえず中国へ行くことだけは決まったので本格的な準備に入ることにしました。

 

 赴任先は「深セン」で、赴任日が2003年3月24日に決まりました。

社内的には「独資で内販(中国国内で販売すること)」が条件であったのですが、その頃は「保税区」というエリアに会社を設立しないと内販の許認可が下りませんでした。保税区以外で内販したければ現地の会社とジョイントして持ち株は49%以下でお願いしますね、といった感じでした。当時、保税区といえば上海の「外高橋保税区」か深センの「福田保税区」の2ヶ所でしたが、取引先の要望もあり必然的に福田保税区に設立することに。

 

そんな感じで「内販できる現地法人設立」ということでしたが、会社からは取り入った情報もなく自分で調べられる範囲で準備を進めていきました。

 

 

どんな準備をしていたかは次回へ続く。^^

 

※ ひとつ前を読む ⇒「我的第二故乡中国:第零章

※ すべての「我的第二故乡中国」はこちらから ⇒「