大橋純子「たそがれマイ・ラブ(1978年)」File0044

 ”大橋純子” さんと聞くと「歌謡曲を唄う歌のうまい歌手」のイメージが強い方が多いのではないかと思います。70年代は歌謡曲の黄金時代で、「テレビで歌われる曲=大衆曲=歌謡曲」といったような感じで、細かいジャンルなど関係なく、ひとくくりにされることが多かったように思います。それ故に、テレビ出演お断りのアーティストも多く存在しました。ただ、今のように動画サイトやSNSなどで個人が情報発信できる術がなかったですから、多くの人に聴いてもらうためにはテレビ、ラジオ、雑誌などのメディアで知ってもらい、レコードを買ってもらう必要があったので、かなりの葛藤もあったのではないかと想像できます。

 そういった時代に大橋純子さんは1978年に「たそがれマイ・ラブ」がヒットし、日本レコード大賞の金賞を獲得しました。まずはその曲のMVをシェアします。

 コレをキッカケに、「サファリ・ナイト(1978年)」や「シルエット・ロマンス(1981年)」、「愛は時を越えて(1992年)」などのヒット飛ばしていきます。

 

 実は1977~80年の間、「大橋純子&美乃家セントラルステーション」という別プロジェクトでも活動されていました。この美乃家セントラルステーションは、大橋純子さんのバックバンドとして結成されたそうですが、そのメンバーに佐藤健さん(純子さんのダンナさん)や土屋昌巳さん(一風堂)が在籍されており、大橋純子さんがソロでリリースする曲とはまた違ったソウルフルな楽曲が多いのが特徴です。そのデビューシングルの「シンプル・ラブ(1977年)」のMVがあったのでシェアします。

 この「シンプル・ラブ」は爽やかさのある楽曲ですが、実はファンク色ゴリゴリの楽曲もあります。1977年のファーストアルバム「RAINBOW」から「フィール・ソー・バッド」と、同年リリースの2nd「CRYSTAL CITY」から「FUNKY LITTLE QUEENIE」をシェアします。この2曲を聴くと、大橋純子さんのイメージがきっと変わりますよ。もう45年も前のサウンドです。

 

 そしてもう一つ「夏女ソニア(1983年)」もシェアします。もんたさんの楽曲にデュエットで参加し、化粧品のキャンペーンソングにもなっていました。作曲は芳野藤丸さん(SHOGUN)です。

 

 昨今はソウルフルな歌を唄う女性アーティストが多くいます。70年代は、そういったアーティストを見つけることも今ほど簡単ではなかったので、またいろいろとピックアップできればと思っております。


0 コメント

サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい(1974年)」File0037

 ”80年代ポップスがスゴかったのは?” をさらに深堀り、70年代に活躍したアーティストをピックアップしているシリーズ第4弾は、1972年デビューの「サディスティック・ミカ・バンド」です。こちらのメンバーも、その後のミュージックシーンに欠かせない豪華な方ばかりでした。

 

 結成から解散までの1971~75年の間だけでもかなりのメンバーが入れ替わっています。加藤和彦さん、加藤ミカさん、高橋幸宏さん、小原礼さん、高中正義さん、今井裕さんなど、その他つのだひろさんや後藤次利さんも一時期はメンバーとして在籍。解散後はボーカルを入れ替えての再結成が2回あり、1回目は1989年に桐島かれんさんを、2006年の2回目の再々結成は木村カエラさんでした。

 そんなサディスティック・ミカ・バンドを初めて聴いたのは、1974年リリースの2ndアルバム「黒船」でした。このアルバムは、英米でも発売されていたそうで、ロンドンで評判になり、逆輸入の形で日本でも評価されました。そのアルバムの中の「タイムマシンにおねがい」をシェアしますが、この曲は多くの方が耳にしたことがあるのではないかと思います。

 この曲が一番メジャーだと思いますが、ぜひとも他の曲、アルバムも聴いていただきたいと思います。サディスティック・ミカ・バンドは、ロックベースですが、ファンク色の強いものがあったり、ジャズ・フュージョンっぽいものがあったり、おアソビ的な要素も要所要所にあったりして、いい意味で古き良きものも詰まってて、さらには楽曲のクオリティも高いジャンルにとらわれない音楽集団だと思います。聴く側によっていろいろなふうに感じられるような楽曲が多いような気がしますし、まるで絵画を音楽で表現したアート作品のようにボクは感じられますが、皆さんはどう思いますか?


0 コメント

松任谷由実「Happy New Year(1981年)」File0034

” 今年もいいことが あなたにあるように いつもいつも ”

 

 クリスマス、バレンタイン、卒業、誕生日などをテーマにした楽曲はいっぱいあるけど、「新年」をテーマにしたものは意外に少ない(ボクが知らないだけかも!?)のかなっと思っています。どんな曲があるのかなぁ~と考えたとき、パッと一番最初に浮かぶのがコレ、ユーミンこと松任谷由実さんの「Happy New Year」です。1981年リリースの「昨晩お会いしましょう」に収録されています。もう40年も前の曲なんです。

 

 1987年に上映された「私をスキーに連れてって」の挿入歌でもあったので、50代以上の方なら結構耳にされているのではないかと思います。公式チャンネルにはショートVer.しかなかったですがシェアしました。

 ユーミンの曲は荒井由実時代の「あの日にかえりたい(1975年)」が出会いでしょうか。とは言え、まだまだレコードなど買える身分ではなかったので他の曲はほとんど知らないままで、ボクが初めて買ったのが1979年リリースの「OLIVE」でした。Wikipediaによると、現在まででオリジナルアルバムはすでに39枚リリースされていますが、全てのアルバムがTop10入りで、約半数の19枚が1位を獲得。四半世紀でのこの快挙はあらためてビックリさせられると同時に、今もなおご活躍されてるっていうのはスゴいですね。

 

 またユーミンのアルバムは大半が冬場だったので、毎年夏が過ぎるとと新しいアルバムはいつリリースかとワクワクしながら待っていたものです。音楽仲間とは「冬の女王」なんて勝手に呼んでいたものです。

 

 パソコンで音楽を聴くようになってからはどうしてもランダムで聴くことが多くなっていましたが、最近はできるだけアルバム単位でしっかり聴くようにしています。アルバムって制作者がいくつもの曲から限られた曲をピックアップし、曲順や曲間などの細部にも思いを込めて作られているので、そこをあらためて感じたいと思っています。なので今日は、その1979年の「OLIVE」から順にアルバム単位で聴いています。

 

 話は変わりますが、今年はJUJUさんが「ユーミンをめぐる物語」というカバーアルバムを松任谷ご夫妻のプロデュースのもと、3月16日にリリースされるとのことです。さらに5月からは松任谷正隆さん演出の全国ツアーも始まります。昨日、アップされていたJUJUさんのカバー「Happy New Year」もシェアしますね。

 コロナが始まりもう2年。世の中や人の考え方などがすごく変化した2年間だったような気がします。

 

 2022年はどんな年になるのでしょうか。今年も40年前のこの言葉を引き継いで・・・。

 

” 今年もいいことが あなたにあるように いつもいつも ”


0 コメント

二宮愛「Pickup Christmas Cover Songs(2020~2021年)」File0019

 歌の上手な女性ボーカリストはいっぱいいるけど、この「二宮愛」さんはほんとにスゴいな~っ、て思います。オリジナルでは2012年に「matthews(マシューズ)」というユニットで、その後はソロでゲストボーカルで参加したり、カバーアルバム「From The Kitchen Corner」出したり、ミュージカルに出演したりいろいろ活躍されてます。現在も基本的にはカバー曲を歌われてますが、2020年6月に始めたYoutubeは1年半ですでにフォロワー15万人超えで、多くのMVが上がってるので今日は朝起きてから今まで(すでに15時間以上) ”二宮愛三昧” です。

 

 とにかく歌唱力抜群で英語もペラペラ。彼女の歌声はメッセージが伝わりやすいので聴き手を引き込む力があります。特にフェイク(簡単に言うとブラックミュージックでよくある演歌のコブシのようなもの)の使い方がうまく、フェイクの入るソウルフルな歌や泣きの入るような歌は彼女のいいところが出るので、ご本家とはまた一味違った趣があったりしますね。しかも高橋圭一さん(多分)の楽曲のアレンジも手伝って、完全にReBornして自分のモノにしちゃってます。(笑)

 

 今日はクリスマス前ということで、彼女のコレまでのクリスマスカバーを5曲をピックアップしました。まずは海外アーティストの定番から2曲を。

 

1.All I Want For Christmas Is You / Mariah Carey

2.Last Christmas / Wham!

 

そしてJ-Pop系からは下記の3曲を。

 

3.白い恋人達 / 桑田佳祐

4.メリクリ / BoA

5.Christmas Eve / 山下達郎

 

 いかがでしたでしょうか?

 

 彼女はカバー曲ごとに歌い方を変えながらいろんなジャンルにチャレンジし、自分自身の可能性を広げながら吸収されているのではないかとボクは感じています。ちなみに2016年に、R.A.名義で「Finding Stride」というアルバムを「re:plus(リプラス)」さんとの共作で出されてます。ある意味、これがおそらく唯一のオリジナルアルバム。今後、ホンモノのオリジナルアルバムがリリースされるのを期待したいと思います。

 

 現時点でライブの予定はなさそうですが、ボクの「絶対に生ライブを見るリスト2022」にイン。ぜひライブで見てみたいと思います。なお、ほかにもいろいろMV上がってるので、順次紹介していきたいと思います。それと配信ライブも頻繁にやっていて、なんとすでにVol.11です。アーカイブで見れるのでご興味あればご覧になってみてくださいませ~。

https://www.youtube.com/c/AiNinomiyaCovers

 

【おまけ】

 1年半で150を超える動画をアップするのはスゴいことだと思います。しかも彼女の動画の良いところは、ご本人!?の手書きの歌詞のテロップが入っているところ。コレって楽曲に対しての敬意を示してると思いますし、動画を見る側からすれば今まで聴いていた楽曲に再会できるキッカケになるんです。欲を言えば、作詞・作曲したクリエーター名も入れてもらえればさらに良いかなっ、と。彼女の活動の姿勢にはボクも敬意を払いたいと思います。^^/


0 コメント

シング・ライク・トーキング「Rise(1992年)」File0011

 今日は念願のビルボードライブ東京へ行ってきました。ボクのお気に入りのシング・ライク・トーキングのフロントマンでもある佐藤竹善さんのライブでした。今回はクリスマスツアーということで、4人構成でジャジーな感じでマッタリと過ごせました。

👉サポートメンバー:宮本貴奈さん(P)、江藤良人さん(Dr)、川村竜さん(B)

 

 今日は生で聴いて、竹善さんの歌唱力を改めて実感。サポートメンバーの皆さんのライブパフォーマンスのレベルもかなり高いうえに、ブレスが聞こえるほどクリアな音響のレベルもピカイチ。おなじみのカバー曲も数曲織り交ぜて(まだツアーが終わってないので曲名は出さないようにします。)ボク的には大満足でした。

 

 なお、演奏中は撮影などが禁止されているのでココにはアップできませんので、シング・ライク・トーキングの1992年リリースの「Rise」をご紹介します。ちなみにWikipediaによると、佐藤竹善さんと中村正人さん(ドリカム)がなんかの対談で、お互いこの曲をオマージュして作ろうと言うことで誕生したのが「Rise(SLT)」と「決戦は金曜日(ドリカム)」なんだそうです。しかも「決戦は金曜日」はアレンジにEW&Fの「Let's Groove」を取り入れた、と言うことです。

 シェアした「Rise」は、昨年2020年の中野サンプラザからの無観客ライブのようです。カッコいいですよ~。


0 コメント

RIRI「RUSH(2017年)」File0008

 Z世代アーティストの「RIRI」さんは、先月11月に22歳になったばかり。Youtubeに彼女がインディーズ時代の17歳、2017年6月ときのLIVEがあるのでシェアしてみました。

 とにかく歌唱力は圧倒的な上、うっかり聴き流してると日本人が日本語で歌ってるとは思えない英語と日本語のシームレスさがスゴいです。11歳のときにデヴィッドフォスター主催のオーディションにファイナリストとして残ったって言うんですからこれまたスゴいですよね。インディーズ時代はAIさんのツアーなどにも参加したり、SUMMER SONICなどのフェスにも多く出場。その頃の「GOLD」っていう曲は圧巻です。昨年は、フォーブスの「活躍が期待される30歳未満のアジア人スポーツ選手芸能人30人」にランクインしたそうです。

 23年前に宇多田ヒカルさんが15歳でデビューしたときも結構衝撃的でしたが、今はもう10歳前後で才能が開花する時代だと改めて感じさせられました。

  

「RIRI official site」はココをクリック

 

【2021/12/20追記】

 2018年4月にアメリカのハードロックオーディションを受けた際の密着取材ビデオがありましたのでシェアします。


0 コメント

Tokimeki Records「トキメキ倶楽部(2021年)」File0007

 昨日は仕事も兼ねて久々にLiveへ行ってきました。ココ2年ぐらいで人気が出てきている80年代ポップスのリアレンジを中心としたTokimekiRecordsさんの初ライブ「トキメキ倶楽部」に参戦。場所が「東京キネマ倶楽部」ということもあり、一度は行ってみたかった場所。

 

 まず一番感じたのは一般のライブハウスなんかと比べると音のヌケが良く、ボーカル、各パートの音もすごく聴きやすかったです。ホールの問題なのか、PAさんの技術なのかはわかりませんが、やはりこのぐらいのレベルで聴けるとありがたいです。

 

 楽曲は教授(坂本龍一氏)が手掛けた「MINDCIRCUS」から始まり、中盤戦からはシャカタクなどそこそこ知られてる曲を中心に。ラストは 松原みき さんの「真夜中のドア StayWithMe」と杏里さんの「悲しみがとまらない」で。アンコールで再登場後は、稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」となぜかEWFの「September」で締め。

 

 YoutubeやCDの楽曲をそのまま再現した感じなのでそれはそれで楽しめましたが、個人的には1時間少々という時間が短かったのと、ライブならではのMCやパフォーマンスがもう少しあればもっと良かったな~っと。ただ初ライブということでしたので、次のステージへの期待を込めて今後の活躍を見守っていきたいと思います。

 

 撮影・スクショなど何でもOK!とのことでしたので、スマホ撮りの StayWithMeの一部をほんの少しフェイスブックにアップしています。

https://www.facebook.com/porosofu


0 コメント

指田フミヤ「花は咲く(2014年)」File0004

 2010年のワーナーのコンテストでグランプリを受賞し、先月でメジャーデビューから10年を迎えられた「指田フミヤ」さん。

 

 R&BやAOR的な要素を取り入れたようなキャッチーなメロディの楽曲が多いです。テレビドラマなどのタイアップ曲もいくつかあり、3rdシングルの「花は咲く」は羽生結弦選手のエキシビション曲にも採用されています。山下達郎さんをはじめ、多くのアーティストの影響を大きく受けたようで、今後に期待したいと思います。

 

 1stアルバム「しろくろ」のダイジェストがあったのでそれをシェアしておきますので聴いてみてください。

 

❏ 公式ウエブサイト:https://www.sashidafumiya.com/


0 コメント