岸正之「ラハイナ・ブルームーン(1984年)」File0042

 以前に個人のSNSでいろいろなアーティストや楽曲をピックアップしたことがあるのですが、こちらの「MUSIC TRUNK」でも紹介していきます。

 今回は80年代にAOR系J-Popを聴きあさった方ぐらいしかご存じないかもしれませんが、アニメソングやCMソングをはじめ、多くの楽曲を提供されている「岸正之」さんです。ご自身は2枚のアルバムしか出されていませんが、2枚ともクリエーター陣が素晴らしく、いいアルバムに仕上がっています。

 

 ボク自身は、1984年リリースの2ndアルバム「PRETENDER」を気に入っていてかなり聴き込みました。アレンジャーが武部聡志さん(Key)、参加ミュージシャンも鳥山雄司さん(Gt)、青山徹さん(Gt)、岡沢茂さん(Ba)、菊池丈夫さん(Dr)、中西康晴さん(Key)、土岐英史さん(Sax)、向井滋春グループ(Tb)などなど、なんともまぁ豪華。そのアルバムからまずは「ラハイナ・ブルームーン」をシェアします。なんとも言えない切ない感じがとても気に入っています。

 

 とは言っても、デビューアルバム「Warm Front(1982年)」もスゴいメンバーです。今剛さん(Gt)、矢島賢さん(Gt)、井上鑑さん(Key)、新川博さん(Key)、奥慶一さん(Key)、美久月千晴さん(Ba)、林立夫さん(Dr)、山木秀夫さん(Dr)などなど、今聞くとビックリの一流クリエーター陣で制作されています。せっかくなので、このアルバムからも「See You Again」という曲をシェアします。

 

 楽曲提供では、1985年放映のドラマ「スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説」でトップアイドルに躍り出た「南野陽子」さんの、1987年4月リリースシングル「話しかけたかった」も岸正之さんの作曲で、オリコンチャート1位を獲得しています。

 

 なぜボクが岸正之さんの楽曲が好きなのか少し考えてみました。一言で言えば「ノスタルジック」ですかね。楽曲自体はシンプルですが、聴いていると情景が浮かび、ちょっと切ない感じが心に響きます。ちょうどアナログとデジタルが入り混じった時代でもあり、その時代のアナログの良き部分がたくさん詰まってるからだと思います。

 

 サブスクでもこの2枚のアルバムは聴けますので、隠れた名盤としてオススメしたいです。


0 コメント

今井美樹「オレンジの河(1986年)」File0040

 1986~87年は仕事の関係で、サンプルレコード(ラジオ局などに配布されるサンプル盤)がそれなりに手に入る環境にありました。全く知らないアーティストのものも含め、ジャンル問わずいろんな音楽を聴いてみて、その中で気に入ったものがあれば、その後じっくり聴く、というスタイルでした。その中の1枚が「今井美樹」さんの1986年12月のデビューアルバム「femme(ファム)」でした。

 1983年から、モデル、女優と活躍しはじめて3年目で、まだブレイクする前だったこともあり、アルバム自体は大きなヒットにはなりませんでしたが、クリエーター陣が著名な方々で固められており、ボクはすごくいいアルバムだと思っています。

 

 多くの楽曲を持つ今井美樹さんですが、もし "今井美樹の曲をひとつ選ぶとしたら?"と問われた場合、ボクは「オレンジの河」を選びます。ボクの中では、「今井美樹=オレンジの河」でインプットされてますので、まずその曲をシェアしますね。

 アルバム「femme(ファム)」のクリエーターは、来生えつこさん、中崎英也さん、鈴木キサブローさん、コモリタミノルさん(SMAPで有名ですよね)、羽田一郎さん、宇佐元恭一さんに加え、アレンジャーは、佐藤準さんに小林信吾さん。これだけ見ればいいアルバムに違いないと予測できちゃいますね。2枚目以降も同様、初期のアルバムに筒美京平さん、武部聡志さん、久石譲さん、上田知華さんなども、クリエーター陣として参加されています。

 

 今井美樹さんはサブスクでも聴けますが、オススメのアルバム「femme(ファム)」がまるごとYoutubeに上がってましたのでをシェアしときますね。

 

 1988年の夏に「彼女とTIP ON DUO」が化粧品のCMのタイアップになってからは順調にヒットを出し、このあとの今井美樹さんのご活躍は皆さんも御存知のとおりです。

 

 クイーンもそうでしたが、やっぱり初めてガッツリ聴いたアルバムが自分自身のマイ・ベストになっちゃうんですかね。皆さんはいかがですか?


0 コメント

松任谷由実「Happy New Year(1981年)」File0034

” 今年もいいことが あなたにあるように いつもいつも ”

 

 クリスマス、バレンタイン、卒業、誕生日などをテーマにした楽曲はいっぱいあるけど、「新年」をテーマにしたものは意外に少ない(ボクが知らないだけかも!?)のかなっと思っています。どんな曲があるのかなぁ~と考えたとき、パッと一番最初に浮かぶのがコレ、ユーミンこと松任谷由実さんの「Happy New Year」です。1981年リリースの「昨晩お会いしましょう」に収録されています。もう40年も前の曲なんです。

 

 1987年に上映された「私をスキーに連れてって」の挿入歌でもあったので、50代以上の方なら結構耳にされているのではないかと思います。公式チャンネルにはショートVer.しかなかったですがシェアしました。

 ユーミンの曲は荒井由実時代の「あの日にかえりたい(1975年)」が出会いでしょうか。とは言え、まだまだレコードなど買える身分ではなかったので他の曲はほとんど知らないままで、ボクが初めて買ったのが1979年リリースの「OLIVE」でした。Wikipediaによると、現在まででオリジナルアルバムはすでに39枚リリースされていますが、全てのアルバムがTop10入りで、約半数の19枚が1位を獲得。四半世紀でのこの快挙はあらためてビックリさせられると同時に、今もなおご活躍されてるっていうのはスゴいですね。

 

 またユーミンのアルバムは大半が冬場だったので、毎年夏が過ぎるとと新しいアルバムはいつリリースかとワクワクしながら待っていたものです。音楽仲間とは「冬の女王」なんて勝手に呼んでいたものです。

 

 パソコンで音楽を聴くようになってからはどうしてもランダムで聴くことが多くなっていましたが、最近はできるだけアルバム単位でしっかり聴くようにしています。アルバムって制作者がいくつもの曲から限られた曲をピックアップし、曲順や曲間などの細部にも思いを込めて作られているので、そこをあらためて感じたいと思っています。なので今日は、その1979年の「OLIVE」から順にアルバム単位で聴いています。

 

 話は変わりますが、今年はJUJUさんが「ユーミンをめぐる物語」というカバーアルバムを松任谷ご夫妻のプロデュースのもと、3月16日にリリースされるとのことです。さらに5月からは松任谷正隆さん演出の全国ツアーも始まります。昨日、アップされていたJUJUさんのカバー「Happy New Year」もシェアしますね。

 コロナが始まりもう2年。世の中や人の考え方などがすごく変化した2年間だったような気がします。

 

 2022年はどんな年になるのでしょうか。今年も40年前のこの言葉を引き継いで・・・。

 

” 今年もいいことが あなたにあるように いつもいつも ”


0 コメント

シュガー・ベイブ covered by EPO「DOWN TOWN(1980年)」File0028

 ”80年代ポップスがスゴかったのは?” をさらに深堀り、70年代に活躍したアーティストをピックアップしているシリーズ第3弾は、1973年から1976年に活動されていた「シュガー・ベイブ」。コレまたすごいメンバーで、山下達郎さん、大貫妙子さん、村松邦男さんを中心に、伊藤銀次さん、上原裕さんなども参加されてます。30年前のラジオで達郎さんはシュガー・ベイブのことを「ガレージ・パンク」とおっしゃってましたが、70年代半ばにおいては異色なサウンドのグループだったそうです。とは言え、このグループが後のシティポップの先駆けとなったのは間違いないのではないでしょうか。

 

 本来はシュガー・ベイブの曲をシェアしたいのですが、達郎さん関連の楽曲はサブスクや公式Youtubeなどにほとんどないため、シュガー・ベイブの1975年リリースの「DOWN TOWN」をEPOさんバージョン(1980年にカバーでリリース)でご紹介します。現在50代以上ならほとんどの方が知る曲で、1981年から放映された「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマとして採用されました。番組もたけしさんやさんまさん中心に、今ではお笑い界の重鎮的な方々が多く出演してましたね。

 

 EPOさんの画像も公式なものが見当たらなかったので、今年9月25日のビルボードライブ大阪でのライブ映像をピックアップしました。オリジナルとは異なり、アコースティックな感じのしっとりとしたアレンジになっています。(曲は1:19から始まります。)

 また、いろいろとMVを探していると「DOWN TOWN」をカバーしているものが多く、その中でもう一つ気になったものをご紹介。ハロプロこと「ハロー!プロジェクト」に所属する「Juce=Juice」が今年4月28日にリリースしています。1975年の楽曲が46年の歳月を経て新たに脚光を浴びているってスゴいですね。ちなみにJuice=Juiceは12月22日は竹内まりあさんの「Plastic Love」もカバーリリースしています。この数年でこの曲をどれだけのアーティストがカバーしてるんでしょうね。

 

 現在でもこれらの曲が歌い継がれているというのは素晴らしいことだと思います。


0 コメント

森高千里「ジンジンジングルベル(セルフカバー2012年Ver.)」File0026

 昔は25日がクリスマスで、24日はその前日でお正月で言う大晦日のようなものだったのに、いつからか24日のクリスマスイヴがメインになり、25日はアフタークリスマスになってしまったような気がします。

 

 さてココ数日間クリスマス関連をメインにお届けしてまいりましたが、今日が最終日となります。誰のどの曲をピックアップするか非常に迷いましたが、今も衰えない美貌で活躍中の「森高千里」さんです。2012年から公式チャンネルでセルフカバーシリーズっていうのをやっておられ、その中から一番古い2012年の「ジンジンジングルベル」をシェアさせていただきます。

 森高千里さんは1987年にデビュー、来年で35周年です。ルックスなどのイメージからアイドルと言うポジションに見られますが、実はミュージシャンなんです。自身で楽曲制作から楽器演奏までこなすマルチプレイヤー。特にドラムはレコーディングで叩いてますし、吉田拓郎さんも「そこらへんのドラマーより全然うまい」とおっしゃってるそうです。この「ジンジンジングルベル」も作詞作曲、ドラム・コーラスは森高さん自身が担当されています。その他にも多くのアーティストとのコラボや楽曲提供などマルチにご活躍されてます。

 2000年以降は、コラボやテレビ・ラジオなどのメディアでの活動が多かったように思いますが、現在は「この街 TOUR 2020-22」という全国ツアーを開催中。コロナの影響で延期になっていた公演を挽回すべく、来年にかけて全国を回られます。そのツアーのMVがアップされてますのでこちらもシェアさせていただきます。

1.SWEET CANDY(0:00)

2.海まで5分(5:05)

3.夏の日(9:19)

4.私の夏(12:58)

 

 公式サイトにはその他のライブビデオもあります。いつものイメージの衣装、美脚のスタイルも以前と変わらないですね。”えぇ~っ、1969年生まれっていま何歳なんですか~”、ってほとんどの人が思うんじゃないでしょうか。これからのご活躍も楽しみにしております!


0 コメント

菊池桃子「ラ・ムー(1988年)」File0013

 今日は、今も変わらぬ美貌とウイスパーボイスの菊池桃子さん。シティポップの盛り上がりとともにココ数年あらゆる方面から注目されていますね。最近では、話題の韓国人プロデューサー兼DJのNight Tempo氏が桃子さんファンということで9月に「ザ・昭和グルーブ」の第10弾としてリリース。

 

 桃子さんは80年代はアイドルという位置づけでご活躍されていましたが、取り巻きのクリエーター陣もすごい方々ばかりでした。歌手としては1984年「青春のいじわる」でデビューし、その後の「雪に書いたLOVE LETTER」「卒業-GRADUATION-」「BOYのテーマ」「もう逢えないかもしれない」など、12枚のシングルはすべて林哲司さんが作曲というまさにシティポップの王道です。

 1988年からは元プリズムの松浦義和さんがリーダーとして結成された「ラ・ムー」での活動を開始。ブラコンテイストのポップ・ロックといったイメージで、当時のこの手のJ-Popでは最先端のサウンドだったんではないでしょうか。アルバムは「THANKS GIVING」の1枚のみですが、今聴いても全く違和感のないクオリティです。Youtubeには当時の歌番組のものがいくつかアップされていますが、今回はシングルの音源だけのものをシェアしましたのでぜひ聴いてみてくださいね。


0 コメント

佐藤博「awakening(1982年)」File0012

 ”80年代ポップスがスゴかったのは?” をさらに深堀り、70年代に活躍したアーティストをピックアップしているシリーズ第2弾は、1973年に結成された「ティン・パン・アレイ」(最初の1年ほどは「キャラメル・ママ」というバンド名だったそうです。)

 

 まずは、ごめんなさい!ボク自身は昔からティン・パン・アレイを聴いていたわけではないため詳しいことはよくわかりません。ただスゴいメンバーのグループであり、その後の80年代に多大な影響を与えたことは間違いありません。

 

 メンバーは、細野晴臣さん、鈴木茂さん、松任谷正隆さん、佐藤博さん、林立夫さんです。80年代の日本の音楽に詳しい方なら誰もが知る大御所だらけです。細野晴臣さんと鈴木茂さんは、第1弾でご紹介した「はっぴいえんど」のメンバーでもあり、松任谷正隆さんは誰もが知るユーミンの旦那さん。林立夫さんも多くのレコーディングやライブに参加してきた一流ドラマーでありプロデューサーでもあります。

 

 今回はその中で、ティン・パン・アレイにあとから参加した「佐藤博」さんの、ボクが昔聴いていたアルバム「awakening」をご紹介します。リリースは1982年ですが、その頃の音楽としては最先端で、自分にはとても衝撃的であった思い出があります。いろいろ調べてみると、ちょうど1981年に「LINN DRUM」というドラムマシンが開発され、同氏もこのリンドラムを使えば自分自身でいろんな楽曲が作れるなぁ~と言うことで出来上がったのがこのアルバムらしいです。このアルバムも全曲「LINN LM-1」というリンドラムで制作されています。

 80年代の音楽は洋楽・邦楽に関わらず、この「LINN DRUM(プリンスのページで触れています)」の発明により飛躍的に進化し、1982年以降の楽曲にはかなりの比率でこのリンドラムが採用されているようです。ちなみにボクの大好きなプリンスはコレを使いまくってるという記事もありました。(アルバム「1999」あたりからはそうみたいです。)

 

 とにかく80年代っていうのはあらゆる分野でアナログからデジタルへ一気に移り変わった時代でもあるので、音楽業界も大きく変わった時代とも言えます。リンドラムが開発されてから40年経ち、80年代やら昭和やらが新たにクローズアップされてるっていうのはすごく嬉しいですね。


0 コメント

大瀧詠一「君は天然色(1981年)」File0009

 昨今「80年代ポップス」がブームとなっていますが、当面の間は80年代ポップスを支えたアーティストの80年代以前からの活躍を少しおさらいしていきたいと思います。

 

第一弾は「はっぴいえんど」

 

 バンド名がはっぴいえんどになる前の結成は1969年に遡ります。なんとそのメンバーが細野晴臣さん、大瀧詠一さん、松本隆さん、鈴木茂さんと名だたるアーティストのグループでした。グループの代表曲でもある1971年の「風をあつめて」という曲は、昨年コーヒー飲料のCMで窪田正孝さんがカバーしてるので耳にした方も多いかと思います。50年経っても歌い継がれてるってスゴいですよね。このCMの動画も一番最後にシェアしておきます。

 

 そして今日、このメンバーからピックアップさせていただくのは、大瀧詠一さんの1981年リリースアルバム「A LONG VACATION」から「君は天然色」です。作詞が松本隆さん、作曲が大瀧詠一さん。松本隆さんの歌詞も昨今はよくメディアにクローズアップされていますよね。先月は松本隆さんの活動50周年記念コンサートも開催され、はっぴいえんどのドラマーとして出演されたそうです。

 

 今回ピックアップしたMVは、A LONG VACATIONでもレコードジャケットを飾ったイラストレーターの永井博さんのイラストで構成されています。アラ環の皆さんならこのMVを見て懐かしく感じられるんじゃないかと思います。なお、大瀧詠一さんは2013年に他界されましたが、80年代にかけて太田裕美さん、西城秀樹さん、小林旭さんをはじめ、松田聖子さんの「風立ちぬ」、森進一さんの「冬のリヴィエラ」など、多くの楽曲を提供されています。

 

 70年代に「ナイアガラ・レーベル」を設立し、所属第1号アーティストは「シュガー・ベイブ」、山下達郎さん、伊藤銀次さんとで「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」、佐野元春さん、杉真理さんとで「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」をリリースするなど、その後のJ-Popの礎を築いたと言っても過言ではないと思います。


0 コメント

尾崎亜美「グラスのルージュ(1981年)」File0001

 尾崎亜美さんと言えばまず出てくるのが誰もが知る「オリビアを聴きながら」です。その他多くの楽曲提供などもされており、松田聖子さんへは「天使のウインク」や「ボーイの季節」があります。1976年にデビューされてから数え切れないほどのアルバムをリリースされていますが、本日は1981年リリースの名盤「Air Kiss」から大好きな「グラスのルージュ」をご紹介します。

 この曲は俗に言う「Just The Two of Us進行」で、耳に残りやすくなんか気持ちいいコード進行です。あいみょん、髭男、YOASOBIの楽曲など、ココ最近のJ-Popでもよく使われているようです。

「Just The Two of Us進行」⇒ 1980年グローヴァー・ワシントンJr.(ボーカルはビル・ウィザース)がリリースした”Just The Two of Us”のコード進行。

 

 このアルバムは、前作の「HOT BABY(1981年)」に続き、ボクが大好きなデヴィッド・フォスターが参加ということもあってかなりレベルの高いアルバムです。この2枚は、紙ジャケットのCDなので、あらためて買っちゃいました。我々の世代はやっぱり紙ジャケットが恋しいんですね。

 

 亜美さんのコンサート(もちろん80年代前半です)へは2回ほど足を運びました。もう40年も経つんですね。今も全く褪せないサウンドにはビックリです。80年代ポップスは永遠に不滅だと思います。


0 コメント