ビル・ラバウンティ(Bill LaBounty)「This Night Won't Last Forever(1978年)」File0048

Bill LaBounty(ビル・ラバウンティ)/ This Night Won’t Last Forever

 考えてみると、コレまで個人的に大好きな70~80年代のAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)をご紹介したことがなかったので、今日はこの「ビル・ラバウンティ」をピックアップします。とは言うものの、AORの定義って曖昧なのでボク自身も良くわからないんですけどね。(デヴィッド・フォスターはAORなのか???)

 

 まずは、1978年の2ndアルバム「This Night Won’t Last Forever」からのタイトル曲であり、1990年のフジテレビの月9ドラマ「すてきな片想い」の挿入歌となった「This Night Won’t Last Forever(邦題:涙は今夜だけ)」をシェアします。中山美穂さん、柳葉敏郎さんのW主演のラブストーリーでしたね。フジテレビの月9ドラマは、コレに続き「東京ラブストーリー」と「101回目のプロポーズ」がヒットしました。

 

 

 ボクが個人的に好きなのは、4thアルバムの「Bill LaBounty(1982年)」ですが、日本ではコレがデビューアルバムとのことです。このアルバムはよく聴きました。スティーヴ・ルカサーやジェフ・ポーカロ、デヴィッド・サンボーン、パティ・オースティンなど、豪華ミュージシャンが参加しています。

 そのアルバムの中から、よくピックアップされる名曲「Livin' It up(1982年)」をシェアします。

 残念ながら!?、ビル・ラバウンティは、1990年以降カントリーミュージックにシフトしていったので、あまり聴かなくなってしまいました。(カントリーミュージックが嫌いという意味ではありません。)

 

 今はどうしてるのかなぁ~、といろいろ探してみましたが、正直わからないです。Youtubeでは2014年に日本でライブ(COTTON CLUB)をやっていたので、そのダイジェスト版をシェアしますね。

 

 ちなみに、2015年にベスト盤がリリースされていますので、ご興味ある方はぜひ聴いてみてください。ジャケは、なんと鈴木英人さんです。ボクと同世代の方なら、雑誌「FMステーション」の表紙や山下達郎さんの「FOR YOU」のジャケ、と言えばわかりますよね。やっぱりAOR系にはこういったアートジャケットがなぜかハマります。


0 コメント

大橋純子「たそがれマイ・ラブ(1978年)」File0044

 ”大橋純子” さんと聞くと「歌謡曲を唄う歌のうまい歌手」のイメージが強い方が多いのではないかと思います。70年代は歌謡曲の黄金時代で、「テレビで歌われる曲=大衆曲=歌謡曲」といったような感じで、細かいジャンルなど関係なく、ひとくくりにされることが多かったように思います。それ故に、テレビ出演お断りのアーティストも多く存在しました。ただ、今のように動画サイトやSNSなどで個人が情報発信できる術がなかったですから、多くの人に聴いてもらうためにはテレビ、ラジオ、雑誌などのメディアで知ってもらい、レコードを買ってもらう必要があったので、かなりの葛藤もあったのではないかと想像できます。

 そういった時代に大橋純子さんは1978年に「たそがれマイ・ラブ」がヒットし、日本レコード大賞の金賞を獲得しました。まずはその曲のMVをシェアします。

 コレをキッカケに、「サファリ・ナイト(1978年)」や「シルエット・ロマンス(1981年)」、「愛は時を越えて(1992年)」などのヒット飛ばしていきます。

 

 実は1977~80年の間、「大橋純子&美乃家セントラルステーション」という別プロジェクトでも活動されていました。この美乃家セントラルステーションは、大橋純子さんのバックバンドとして結成されたそうですが、そのメンバーに佐藤健さん(純子さんのダンナさん)や土屋昌巳さん(一風堂)が在籍されており、大橋純子さんがソロでリリースする曲とはまた違ったソウルフルな楽曲が多いのが特徴です。そのデビューシングルの「シンプル・ラブ(1977年)」のMVがあったのでシェアします。

 この「シンプル・ラブ」は爽やかさのある楽曲ですが、実はファンク色ゴリゴリの楽曲もあります。1977年のファーストアルバム「RAINBOW」から「フィール・ソー・バッド」と、同年リリースの2nd「CRYSTAL CITY」から「FUNKY LITTLE QUEENIE」をシェアします。この2曲を聴くと、大橋純子さんのイメージがきっと変わりますよ。もう45年も前のサウンドです。

 

 そしてもう一つ「夏女ソニア(1983年)」もシェアします。もんたさんの楽曲にデュエットで参加し、化粧品のキャンペーンソングにもなっていました。作曲は芳野藤丸さん(SHOGUN)です。

 

 昨今はソウルフルな歌を唄う女性アーティストが多くいます。70年代は、そういったアーティストを見つけることも今ほど簡単ではなかったので、またいろいろとピックアップできればと思っております。


0 コメント

ポール・モーリア(Paul Mauriat)「My Selection(1968~77年)」File0039

 前回の勢いでファンク系を予定していましたが、なぜか昨晩懐かしい音を聴いてしまったので急遽変更となりました。ガラッと毛色が変わり「ポール・モーリア」をご紹介します。俗に言う「イージーリスニング」というジャンルで、ムード・ミュージックとも呼ばれ、BGMなどにもよく使われたりもします。ポール・モーリアと言っても若い方々にはあまり馴染みがないかもしれませんが、もしかすると自分自身の音楽のルーツなんじゃないかと言うぐらいで、アラ環世代はほとんどの方が知ってるのではないかと思います。

 

 まずは彼の代表曲でもある、誰もが耳にしたことがありそうな「オリーブの首飾り(1975年)」と「恋はみずいろ(1968年)」をシェアします。オリーブの首飾りは、マジックショーのBGMにも使われていましたね。

 

 ボクが子供の頃は父親の趣味が音楽鑑賞だったこともあり、家の中には何らかの音楽が流れていました。その中でも「●●グランドオーケストラ(大管弦楽団)」と呼ばれるジャンル、特にこのポール・モーリアは60年代後半から70年代前半に日本でもヒットしたこともあり、よく流れていました。残念ながら彼は2006年に他界されたようです。

 

 この手の音楽は、クラッシックとは異なり、メロディアスな楽曲が多いポピュラーミュージックです。商業施設や医療機関などのBGMにもよく使われていたように思います。他の学校はどうだったのかはわかりませんが、中学校では掃除の時間のBGMで流れていた記憶があります。

 

 

 今回はボクのセレクトで、50年ほど前によく流れていた曲を多めにシェアしますので、懐かしんでくださいませ。

 

 いかがでしたでしょうか?

 

 今はサブスクやYoutubeなど、キーワードさえあればすぐに目的地にたどり着ける時代、ホントに便利になったなぁ~、とあらためて感じます。「MUSIC TRUNK」を始めたときは、まさか自分自身もポール・モーリアをピックアップするとは予想していませんでした。毎日いろんな音楽を聴いてると、フッとしたことで懐かしい音楽に再会したり、とても楽しいです。

 

 今後もまた「50歳以上あるある」ネタでピックアップしてみたいと思います。


0 コメント

サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい(1974年)」File0037

 ”80年代ポップスがスゴかったのは?” をさらに深堀り、70年代に活躍したアーティストをピックアップしているシリーズ第4弾は、1972年デビューの「サディスティック・ミカ・バンド」です。こちらのメンバーも、その後のミュージックシーンに欠かせない豪華な方ばかりでした。

 

 結成から解散までの1971~75年の間だけでもかなりのメンバーが入れ替わっています。加藤和彦さん、加藤ミカさん、高橋幸宏さん、小原礼さん、高中正義さん、今井裕さんなど、その他つのだひろさんや後藤次利さんも一時期はメンバーとして在籍。解散後はボーカルを入れ替えての再結成が2回あり、1回目は1989年に桐島かれんさんを、2006年の2回目の再々結成は木村カエラさんでした。

 そんなサディスティック・ミカ・バンドを初めて聴いたのは、1974年リリースの2ndアルバム「黒船」でした。このアルバムは、英米でも発売されていたそうで、ロンドンで評判になり、逆輸入の形で日本でも評価されました。そのアルバムの中の「タイムマシンにおねがい」をシェアしますが、この曲は多くの方が耳にしたことがあるのではないかと思います。

 この曲が一番メジャーだと思いますが、ぜひとも他の曲、アルバムも聴いていただきたいと思います。サディスティック・ミカ・バンドは、ロックベースですが、ファンク色の強いものがあったり、ジャズ・フュージョンっぽいものがあったり、おアソビ的な要素も要所要所にあったりして、いい意味で古き良きものも詰まってて、さらには楽曲のクオリティも高いジャンルにとらわれない音楽集団だと思います。聴く側によっていろいろなふうに感じられるような楽曲が多いような気がしますし、まるで絵画を音楽で表現したアート作品のようにボクは感じられますが、皆さんはどう思いますか?


0 コメント

サタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever)「オリジナル・サウンドトラック/OST(1977年)」File0036

 今日は「オリジナル・サウンドトラック(以下、サントラ)」について取り上げてみます。元々映画を見ない(映画を見るおカネがあればレコードがほしい)タイプだったので、映画ファンの方にはお叱りを受けるようなことになりそうですが、あくまで個人的な見解ですのでご容赦くださいませ。

 

 「サントラ」とは、映画やドラマでいうと一般的には「劇伴音楽や付随音楽を収録したアルバム」ということになり、つまり「その作品内でかかっていた音楽」っていうことになります。ボクが子供の頃は、「主題曲とエンディング曲がメインの音楽、その他は ”映画のBGMに使われているインスト音楽”」といったイメージがありました。

 「ウエスト・サイド物語(1961年)」や「サウンド・オブ・ミュージック(1965年)」など、音楽を主体にした映画はありますが、いずれもミュージカルを映画化したものでした。

 

 その後、音楽と映画を融合させ作られた青春ストーリーの映画が1977年の「サタデーナイトフィーバー」でした。今日のディスコサウンド、ダンスミュージックの発展へのきっかけとなったと言っても過言ではないと思います。当時は、ジョン・トラボルタがカッコよすぎて、みんな人差し指を突き上げる決めポーズをモノマネ。ディスコのみならず、ファッションや「フィーバー」という言葉もブームとなり、一つの文化を築くほどの影響力がありました。

 そのサントラ「サタデーナイトフィーバー」ですが、1971年公開の映画「小さな恋のメロディ」の主題曲「メロディ・フェア」を担当したビージーズがメインとなり制作されました。アルバムの中からは7曲がビルボードHOT100で1位を獲得(ビージーズは5曲)し、アルバムも当時過去最高の記録を打ち出し、1984年まで世界で最も売れたアルバムになりました。(残念ながらビージーズの活動は2012年で終わりました。)

 

 今日はそのビージーズのヒット曲から4曲をピックアップ。今回は公式チャンネルからではないですが、70年代当時のアメリカの街やファッションが見られる映画シーンのMVをシェアしました。

 

 

 そして翌年の1978年もジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン・ジョンのW主演ミュージカル映画「グリース」が公開され、サントラもアルバムチャート1位を獲得するヒットとなりました。こちらも映画のシーンのMVをシェアしたのでご覧ください。

 

 いかがでしたでしょうか?

 

 今日のサントラ話はまだイントロダクション。これらの映画から数年後の80年代に入り、サントラの勢いが増してきたのは間違いありません。また追ってこの続きをご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに~^^/


0 コメント

70~80年代アソビ人必見!「東京ディスコ伝説 Since1968」File0025

 今日はクリスマスイヴということで、70~80年代夜遊び好きだったオジサマ方&オネエサマ方へのクリスマスプレゼントです。1968年からのディスコの歴史のドキュメンタリー「東京ディスコ伝説 Since1968」という2008年の動画をシェアしてみました。現在、50歳後半から70歳ぐらいの方ならこの動画見ると懐かしんでいただけるかと思います。80年代前半にDISCOで働いていたボクは思わず一気観してしまいました。

※ おそらく番組の録画なのでいつ見れなくなるかわかりません。

 本編は東京が舞台になっているため、大阪人のボクは知らない店が多かったのですが、いろいろと昔を思い出しました。ボクが一番通っていた80年代前半では、大阪でディスコと言えばミナミのほうがファッショナブルで格上的なイメージで、ダイヤモンドビルの「ジジック」や心斎橋筋商店街の「ジュビレーション」などが有名でした。ダイヤモンドビルは、後に「マハラジャ(1号店)」ができたりと、80年代はディスコブームのピークだったのではないかと思います。自分自身もわざわざ東京まで出向き、「ツバキハウス」ほか数件回った記憶があります。

 「DISCO(ディスコ)」といえばもちろん踊りに行く場所なのですが、当時ナンパ目的で行くイメージもありましたね。しかしながら今思えば大きい意味で音楽シーンを作り上げてきた一つの文化だと思います。実際にディスコでパワープレイされた曲が大ヒットにつながったり、中にはディスコ界のみでの大ヒット曲なんかもあったり。さらにはファッションに関しても例外ではなく、それぞれの時代の音楽とリンクするようにブームが起きていたように思います。

 

 ボク自身がジャンルを隔てずあらゆる音楽にドップリとハマったのがこの時代であるため、どうしても70年代後半から80年代前半を起点に過去へさかのぼったり、その後に新しく登場した音楽を比較してしまいます。それ故にこの「MUSIC TRUNK」では若干偏った意見などが多くなっているかもしれませんが、そのへんはご容赦いただき、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 最後に、当時ディスコでは大人気だったART ATTACKの「MANDOLAY」の音源をアップします。このレコードは当時でも入手しにくい状態でしたが、今もちゃんと大切に保管してあります。


0 コメント

アース・ウィンド&ファイアー「宇宙のファンタジー(1977年)」File0021

 もしかするとボクにとってのブラックミュージックをまともに聴き出したキッカケかもしれないのが「アース・ウインド&ファイアー(EW&F)」です。ご紹介するに当たり、画像が良くないので動画なしか、違う曲(みんなが知ってる「September」あたり。コーヒーのCMで流れてましたね。)にしようかと思いましたが、やっぱりこの曲にします。ボクが初めてEW&Fを知った思い入れのある曲、1977年リリースの「Fantasy(邦題:宇宙のファンタジー)」です。

 

 当時、中学の英語の授業でラジカセを持ち込み、生徒に洋楽を歌わすというT先生がこの曲を選びました。英語を勉強し始めたばかりの中学生にとっては難しすぎる歌でしたが、おかげで今もなんとなく口ずさむ程度には覚えています。この他にも、ビートルズ、ビリー・ジョエルなど、おそらくT先生が好きな歌だと思うのですが何曲か課題曲があり、それらの曲もなんとなく覚えています。

 EW&Fは1969年にデビュー、はや53年が経とうとしていますが、未だに活動が続いているようで、それってやっぱスゴいなぁ~、って思います。ただ、2016年2月にはボーカル兼リーダーだった「モーリス・ホワイト」が他界。フィリップ・ベイリーとのツインボーカルが素晴らしかっただけに非常に残念でした。

 

 ボク自身、EW&Fをちゃんと聴いたのは、ちょうどポップ色が強くなってきた1977年の「All'N All(邦題:太陽神)」から1993年の「Millennium(邦題:千年伝説)」ぐらいですが、この17年間でもう十分なぐらい名曲を届けてもらってます。

 

 ということで、今日のMVは、1988年のツアーから「Fantasy(1977年リリース)」と、ボクの大好きなデヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドン、ビル・チャンプリンとの共作である「After The Love Has Gone(1979年リリース)」をLIVE映像でお届けします。40年以上も経ちますが、いい曲はズッと聴けますよね。


0 コメント

ヴァン・ヘイレン「Live on TV 2015(2015年)」File0020

 昨年2020年10月6日、驚きのニュースがありました。ボクやギター小僧だけでなく、世界中のヴァン・ヘイレンを知る人はみなひどく悲しんだのではないかと思います。

 

 衝撃的な1978年のデビューアルバム「炎の導火線」リリースから、来年2月で丸44年が経ちます。1970年代中頃まではハードロックといえば、まだディープ・パープルやレッド・ツェッペリンなどが入り口の代表ような感じで、ほかにブラック・サバスやジューダス・プリースト、スコーピオンズ、UFOなどハードなグループが多い中、ヴァン・ヘイレンが登場したときはホントに衝撃的でした。ハードだけどシンプルでメロディアスでもあるのに、音の厚みとテクニックの凄さは ” 何っ?スゴ~っ!” の一言で、ギター小僧はみな必死になって真似していましたね。ライトハンド奏法やハーモニクス奏法などなど、当時はビデオも楽譜も(多分)なく、耳コピだけで必死・・・。

 

 実際にボクがヴァン・ヘイレンを聴いていたのは、ボーカルがデイヴ・リー・ロスからサミーヘイガーに変わった1986年の「5150」頃までです。個人的にやっぱりヴァン・ヘイレンのボーカルはあの”オチャメ”なデイヴ・リー・ロスじゃないとらしくない、と。

 

 2007年再結成のときにデイヴが戻り、エディの息子ウルフギャングが加入。2015年には日本公演を行いましたが、生で見れるライブはそれが最後になってしまいました・・・。

 

 今回のMVは同じく2015年で、1~6と8はハリウッドの幹線道路(大阪で言えば御堂筋!?)を閉鎖して開催され、7と9はスタジオ収録のようです。いつまで見られるかわかりませんが、かなりクリアな映像でメンバーのパフォーマンスが見れる貴重な映像だと思いますのでシェアしておきます。

 いつ見れなくなるかわかりませんのでご了承くださいませ。

 

 

1.Hot for Teacher(0:00)

2.Unchained(4:50)

3.Runnin' with the Devil(9:35)

4.Eruption(13:09)

5.You really got me(14:34)

6.Ain't talkin' about love(17:17)

7.Dance the night away(23:13)

8.Panama(29:04)

9.Jump(32:39)

※ なぜかおまけ付きです。BAND-10???(37:10)

 

 ちなみにマイケルジャクソンの「Beat It」のギターは、スティーヴ・ルカサーとポール・ジャクソンJr.とエディの3名といった豪華さ!ソロはエディが弾いています。それを想像しながらあらためて聴いてみてください。やっぱカッコいいですよね。^^/


0 コメント

チャカ・カーン「RHINO REWIND(1979~1984年)」File0010

 昨日、友人がチャカの話題を持ち出したのをきっかけに今日はズッとチャカ三昧。ということで、ボクのフェイバリットアーティストである「CHAKA KHAN」をご紹介。

 

 チャカとの出会いは1979年のソロデビューアルバム「CHAKA(恋するチャカ)」で、1992年にホイットニー・ヒューストンがカバーした「アイム・エヴリ・ウーマン」が一曲目に入っています。1984年リリースのプリンスのカバーである「I FEEL FOR YOU(フィール・フォー・ユー))」でかなりメジャーになりましたよね。

 

 個人的には3枚目のアルバム「What Cha' Gonna Do For Me(恋のハプニング)」はお気に入りです。1曲目にビートルズの「We Can Work It Out(恋を抱きしめよう)」、2曲目にタイトル曲でもあるネッド・ドヒニーの「What Cha' Gonna Do For Me」のカバー曲なども収録されています。なんと言っても好きなプロデューサーの一人である「アリフマーディン」がスゴすぎます。しかも参加ミュージシャンが、ハイラムブロック、マイケルセンベロ、エイブラハムラボリエル、ハービーハンコック、リチャードティー、デヴィッドフォスター、マイケルブレッカー、ランディブレッカー、ラリーウイリアムス、ジェリーヘイ などなど。

 MVは「RHINO」というワーナーのレコードレーベルが作ったものみたいで、チャカの代表曲のMVが10曲分視聴できます。

 チャカは、ボクの一度は見てみたいリストに入っています。あぁ~、日本に来ないかなぁ~。


0 コメント