ビル・ラバウンティ(Bill LaBounty)「This Night Won't Last Forever(1978年)」File0048

Bill LaBounty(ビル・ラバウンティ)/ This Night Won’t Last Forever

 考えてみると、コレまで個人的に大好きな70~80年代のAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)をご紹介したことがなかったので、今日はこの「ビル・ラバウンティ」をピックアップします。とは言うものの、AORの定義って曖昧なのでボク自身も良くわからないんですけどね。(デヴィッド・フォスターはAORなのか???)

 

 まずは、1978年の2ndアルバム「This Night Won’t Last Forever」からのタイトル曲であり、1990年のフジテレビの月9ドラマ「すてきな片想い」の挿入歌となった「This Night Won’t Last Forever(邦題:涙は今夜だけ)」をシェアします。中山美穂さん、柳葉敏郎さんのW主演のラブストーリーでしたね。フジテレビの月9ドラマは、コレに続き「東京ラブストーリー」と「101回目のプロポーズ」がヒットしました。

 

 

 ボクが個人的に好きなのは、4thアルバムの「Bill LaBounty(1982年)」ですが、日本ではコレがデビューアルバムとのことです。このアルバムはよく聴きました。スティーヴ・ルカサーやジェフ・ポーカロ、デヴィッド・サンボーン、パティ・オースティンなど、豪華ミュージシャンが参加しています。

 そのアルバムの中から、よくピックアップされる名曲「Livin' It up(1982年)」をシェアします。

 残念ながら!?、ビル・ラバウンティは、1990年以降カントリーミュージックにシフトしていったので、あまり聴かなくなってしまいました。(カントリーミュージックが嫌いという意味ではありません。)

 

 今はどうしてるのかなぁ~、といろいろ探してみましたが、正直わからないです。Youtubeでは2014年に日本でライブ(COTTON CLUB)をやっていたので、そのダイジェスト版をシェアしますね。

 

 ちなみに、2015年にベスト盤がリリースされていますので、ご興味ある方はぜひ聴いてみてください。ジャケは、なんと鈴木英人さんです。ボクと同世代の方なら、雑誌「FMステーション」の表紙や山下達郎さんの「FOR YOU」のジャケ、と言えばわかりますよね。やっぱりAOR系にはこういったアートジャケットがなぜかハマります。


0 コメント

ABC「The Look of Love(1982年)」File0047

 久々に前回の「デュランデュラン」に引き続き、イギリスのニューウエーブ(ニューロマンティック)系「ABC」をピックアップします。1982年リリースのデビューアルバム「ルック・オブ・ラブ」からの大ヒットシングル「ルック・オブ・ラブ」をシェアします。オフィシャルMVにしようと思ったのですが、2005年のライブVer.があったのでそちらを。

 ボーカルのマーティン・フライは元々音楽ジャーナリストで、トレヴァー・ホーンがプロデュースということが話題だったということもヒットの要因かもしれません。

 

 この曲は全英チャート4位、アルバムは全英1位となりました。ルック・オブ・ラブは1982年のディスコでは1日に何度もかかるほどパワープレイされており、いつの間にかボクの耳にこびりついてしまいました。(笑)ディスコ通いだった方はよくご存知の曲だと思います。

 

 

  ABCの80年代にリリースされたアルバム4枚はそれなりに聴いていましたが、やはり1枚目のアルバムが一番好きですね。その中の「Valentine's Day」という曲は、ホンダのリード(原付き)のCMにも起用されました。

 

 

 

 80年代前半はニューウエーブブームだったことや、1stがヒットしすぎたこともあり、1987年の4th「アルファベットシティ」の「When Smokey Sings(全英11位/全米5位」を最後に大きなヒットは生まれなくなりました。それでも35年後である2017年のルック・オブ・ラブのライブビデオがありましたので、おそらく現在でも活動されているのではないかと思っています。メチャダンディですね。

ちなみに1982年頃のABCはこんな感じでした。髪型もまさに当時のニューウエーブ系っていう感じですね。


0 コメント

フラッシュダンス(Frashdance)「オリジナル・サウンドトラック(1983年)」File0043

 前回の「サタデー・ナイト・フィーバー」に引き続き、サントラシリーズ第2弾は、1983年に公開された「フラッシュダンス」です。映画が大ヒットしたので、アラフィフ世代以上ならほとんどの方がご存知ではないかと思います。ボク自身、映画に関しては明るい方ではないので、映画にはあまり触れずに音楽関連の内容中心でご紹介していきます。

 

 10曲が収録されているこのサントラなのですが、その中で大ヒットした曲が2曲あります。まずは、アイリーン・キャラが歌った映画のタイトル曲でもある「Flashdance...What a Feeling」です。日本でもオリコンシングルチャートは21週連続1位、年間チャートも1位でした。1983年に始まったドラマ「スチュワーデス物語」の主題歌として、麻倉未稀さんがカバーされてましたのでご存じの方も多いと思います。

 

 MVは映画シーンのものをピックアップしましたので、懐かしんでご覧ください。

 

 そしてもう一つは、マイケル・センベロの「マニアック」です。元々スタジオミュージシャンとしてスティーヴィー・ワンダーやマイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロスなど、大物アーティストとのセッションも多く、映画のサウンドトラックも手掛けていたこともあったようです。先日ご紹介した「THE BOSSA NOVA HOTEL」も彼のプロジェクト・ユニットです。

 

 実はこのフラッシュダンスのヒットの前に「Fame(1980年)」というスターを夢見るNYの音楽専門学校の生徒たちの姿を描いた青春映画がありました。そのキャストとしてダンサー役だったアイリーンキャラの歌唱力が目に止まり、急遽歌手役に変更となったそうです。

 

 またこの映画の中のキャストには、ジャネット・ジャクソン、ニア・ピープルズや、ある記事によるとまだブレイクする前のマドンナ、トム・クルーズもいたようです。まさにストーリーそのものが現実のように将来のスターを生み出す舞台になっていたようです。日本で学園モノに出てからその後ブレイクするといった流れに似てますね。今回のMVはFameの主要キャストのクレジットのある動画があったのでシェアしますね。

 

 ちなみに1980年頃はまだ正式に「ブレイクダンス」という呼び方はなかったようですが、「Fame」の中ではそれに近いダンスも披露されており、コレに続く「フラッシュダンス」がキッカケで本格的に火をつけた感じだと思います。(What a FeelingのMVの2:04から5秒ほどと、マニアックのMVの1:08からの13秒ほどで見れます。)

 

 この1983年の「フラッシュダンス」以降、ダンスもの映画が増え、サントラブームにも火が着き、そこから多くのヒットが増えていきます。そのへんは順次またご紹介しますのでお楽しみに。


0 コメント

アバ(ABBA)「Happy New Year(1980年)」File0035

 昨日に引き続きもう一つの「Happy New Year」は、活動開始から50周年(とは言え、実際ご本人たちは40年近くまともな活動はされてないみたいです。)を迎える「アバ(ABBA)」です。1980年リリースのアルバム「Super Trouper」に収録されている42年前の曲「Happy New Year」をシェアします。

 昭和世代の方ならおそらく、またボクと同世代以上の方であれば「ダンシング・クイーン」のヒットもあり、TVにも出ていたので誰もが知るアバですが、1972年から1983年の活動停止まで間、世界中のポップス界を席巻していたグループということを知らない若い方も意外に多いかもしれませんね。

 前述したように、50年間の内、まともな活動は10年間程度ですが、その10年間の活躍が半端ありません。スウェーデンのグループですが、イギリスではリリースしたアルバムの半数以上が1位を獲得。とにかく出せばヒットするというおばけグループです。詳しくは「ABBA JAPAN」のサイトがあるのでそちらを見てみてください。

 ボクがアバにハマったのは、1977年リリースのアルバム「Arrival」で、本当によく聴きました。その後のアルバムもいいのですが、あまりにもインパクトが強すぎてコレばっかり聴いてましたね。

 

 そのアバが、昨年11月に40年ぶりの9枚目のスタジオ・アルバム「Voyage」をリリースしました。4人中3人が70歳半ばと言うにも関わらず、40年経っても変わらぬアバサウンドは健在です。このアルバムもすでにイギリスで1位、アメリカでも2位を獲得。そのアルバムからシングルカットされている「Don't Shut Me Down」をシェアします。

 とにかくアバを知らない方がおられたら、まずはベスト盤でいいのでぜひ聴いてもらいたいです。今聴いても全く古臭くないうえに、音楽をやってる方にとっては勉強になることがたくさん詰まっています。ちなみに、アバのファンは多方面ジャンルにおいて多くのファンがおり、世界中の一流のアーティストが影響を受けています。エルビス・コステロやリッチー・ブラックモア、レッド・ツェッペリンのメンバーなどなど。

 

 今年はライブも行うとのことですので、ますますの活躍に目を離せませんね。


0 コメント

デヴィッド・フォスター(DAVID FOSTER)「The Best of Me(1983年)」File0033

 おそらくアーティストを一人だけ選べと言われたらこの方なのかな、という「デヴィッド・フォスター」を今年の一発目にご紹介します。彼においてはロック、R&B、ジャズなどジャンル分けできないほど広範囲で、楽曲提供からプロデュースまでご活躍されており、彼の名がクレジットされていればまず間違いないと言えるでしょう。グラミー賞など数多くの名誉ある賞を獲得しています。まずは、1983年の初のソロアルバム「The Best of Me」から、1986年にオリビア・ニュートン・ジョンとのデュエットでシングルカットされたタイトル曲をシェアします。

 前述したように、とにかく彼のプロデュースした作品は数多く、数え切れないほどあります。今後、ボクがご紹介するアーティストも彼がプロデュースした作品が多く登場するかと思います。せっかくなので、そのブログとリンクさせていきますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

【DAVID FOSTERの代表的なプロデュース作品】

EW&F(File0021)、シカゴ、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、チャカ・カーン(File0010)、ジョージ・ベンソン(File0006)、ロッド・スチュワート(File0023)、竹内まりや、MISIA、松田聖子、などなど。

 

 ボクが初めてデヴィッド・フォスターを聴いたのは、1980年リリースされたAirplayの「Airplay(邦題:ロマンティック)」です。音楽史上に残る名盤と言っても過言ではないアルバムだと思っています。

 

 デヴィッド・フォスターとジェイ・グレイドンが中心(実は3人組)となり、サポートメンバーとしてTOTOのジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト、スティーヴ・ルカサー、そして元シカゴのビル・チャンプリンやレイ・パーカーJr.などなど、超豪華メンバーが参加しています。

 

 残念ながらアルバムは1枚のみですが、40年以上たった今も十分楽しめます。公式なものではありませんが、「Nothin' You Can Do About It /(邦題:貴方には何も出来ない)」のライブビデオがあるのでシェアしておきますね。


0 コメント

クイーン(Queen)「Greatest Live Performances(1985~86年)」File0032

 昨日の夜、テレビでクイーンのライブをやっていました。1986年のウェンブリー・スタジアム(ロンドン)での公演でした。見逃された方もいるかと思いますので、上記会場とリオ(1985年)でのライブビデオが公式チャンネルにありますのでシェアしますね。

 日本での第一次クイーンブームは、おなじみの「ボヘミアン・ラプソディ」が収録されている4枚目のアルバム「A Night at the Opera(邦題:オペラ座の夜)」リリースの1975年だとのことです。世界的に見ても日本での人気はスゴかったようで、クイーンのメンバーにとっても日本は関心の高い国だったようです。

 

 ボクがまともに聴きだしたのはクイーン押しの同級生の影響で、1978年リリースの7枚目のアルバム「JAZZ(邦題:ジャズ)」からでした。ココからさかのぼって昔のアルバムを聴いたりもしましたが、このアルバムをかなり聴き込んだこともあり、ボクの中ではこの「JAZZ」が未だにクイーンのNo.1アルバムになっています。

 今年2021年でフレディ・マーキュリーがこの世を去り、丸30年が経ちました。2018年に公開された映画「ボヘミアン・ラプソディ」で起きた第3次クイーンブームもまだ記憶に新しく、1973年のデビューから来年で49年目を迎えますが、今も3代目のボーカリストを迎え「Queen+Adam Lambert」として活動しています。ダイジェストムービーがあるのでシェアしますね。

 現在の活動についてファンからは賛否の声があるそうですが、すでに70歳半ばに近づこうとしているブライアン・メイとロジャー・テイラーが、今も元気にこうやって活動している姿は素晴らしいと思います。


続きを読む 0 コメント

ロッド・スチュワート「Christmas Live at Stirling Castle(2012年)」File0023

  すでに9年前のものですが、こんなライブがYoutubeで見れるちゃうんです。我々の世代で知らない人はいないほどのビッグアーティスト「ロッド・スチュワート」のクリスマスライブです。2012年11月21日にスコットランドのスターリング城で収録され、イギリスで12月に放映されたそうです。ちょうどその年の10月30日にご本人初のクリスマスアルバム「Merry Christmas、Baby」がリリースされており、これまたボクの好きなデヴィッド・フォスターがプロデュースしています。

 

 このライブにはデヴィッド・フォスターはもちろんのこと、ゲストも豪華。メジャーどころで言うと、80年代にロコモーションやラッキー・ラヴのヒット曲を持つ「カイリー・ミノーグ」などなど。とにかく豪華なクリスマスディナーショーっていう感じですので、ぜひ少し大きな画面でお酒を飲みながら見るのをオススメします。ちなみにラストの曲は「蛍の光」ですが、原曲はこのスコットランドの民謡なんです。

 

 

1. Programme Intro(0:00)

2. Have Yourself A Merry Little Christmas(0:30)

3. You Wear It Well(5:28)

4. White Christmas (with Nicola Benedetti)(10:05)

5. <Interview #1>(14:08)

6. Red-Suited Super Man(17:00)

7. Can't Stop Me Now(21:06)

8. Let It Snow!Let It Snow!Let It Snow!(with Kylie Minogue)(25:21)

9. <Interview #2>(28:56)

10. Merry Christmas, Baby(31:47)

11. Winter Wonderland (with Michael Bublé)(36:17)

12. <Interview #3>(38:43)

13. Silent Night(41:51)

14. Auld Lang Syne(46:34)

 

  ロッドは60年近い音楽活動でまもなく77歳になりますが、歳をとってもオチャメでセクシーなところは昔から変わりませんね。なお、ボクがロッドをよく聴いていた70~80年代についてはまた追ってご紹介しますね。^^/

 

※ 下記がアルバム「Merry Christmas、Baby」です。MVは一曲ごとに分かれていますが、ロッドのYoutubeチャンネル再生リストで全曲聴くことができます。


0 コメント

ヴァン・ヘイレン「Live on TV 2015(2015年)」File0020

 昨年2020年10月6日、驚きのニュースがありました。ボクやギター小僧だけでなく、世界中のヴァン・ヘイレンを知る人はみなひどく悲しんだのではないかと思います。

 

 衝撃的な1978年のデビューアルバム「炎の導火線」リリースから、来年2月で丸44年が経ちます。1970年代中頃まではハードロックといえば、まだディープ・パープルやレッド・ツェッペリンなどが入り口の代表ような感じで、ほかにブラック・サバスやジューダス・プリースト、スコーピオンズ、UFOなどハードなグループが多い中、ヴァン・ヘイレンが登場したときはホントに衝撃的でした。ハードだけどシンプルでメロディアスでもあるのに、音の厚みとテクニックの凄さは ” 何っ?スゴ~っ!” の一言で、ギター小僧はみな必死になって真似していましたね。ライトハンド奏法やハーモニクス奏法などなど、当時はビデオも楽譜も(多分)なく、耳コピだけで必死・・・。

 

 実際にボクがヴァン・ヘイレンを聴いていたのは、ボーカルがデイヴ・リー・ロスからサミーヘイガーに変わった1986年の「5150」頃までです。個人的にやっぱりヴァン・ヘイレンのボーカルはあの”オチャメ”なデイヴ・リー・ロスじゃないとらしくない、と。

 

 2007年再結成のときにデイヴが戻り、エディの息子ウルフギャングが加入。2015年には日本公演を行いましたが、生で見れるライブはそれが最後になってしまいました・・・。

 

 今回のMVは同じく2015年で、1~6と8はハリウッドの幹線道路(大阪で言えば御堂筋!?)を閉鎖して開催され、7と9はスタジオ収録のようです。いつまで見られるかわかりませんが、かなりクリアな映像でメンバーのパフォーマンスが見れる貴重な映像だと思いますのでシェアしておきます。

 いつ見れなくなるかわかりませんのでご了承くださいませ。

 

 

1.Hot for Teacher(0:00)

2.Unchained(4:50)

3.Runnin' with the Devil(9:35)

4.Eruption(13:09)

5.You really got me(14:34)

6.Ain't talkin' about love(17:17)

7.Dance the night away(23:13)

8.Panama(29:04)

9.Jump(32:39)

※ なぜかおまけ付きです。BAND-10???(37:10)

 

 ちなみにマイケルジャクソンの「Beat It」のギターは、スティーヴ・ルカサーとポール・ジャクソンJr.とエディの3名といった豪華さ!ソロはエディが弾いています。それを想像しながらあらためて聴いてみてください。やっぱカッコいいですよね。^^/


0 コメント

デュラン・デュラン「INVISIBLE(2021年)」File0018

 80年代前半は ”ニューウェーブ” やら ”ニューロマンティック” なんて呼ばれる音楽ジャンルがありました。その代表的なグループの一つが「デュラン・デュラン」で、1981年「プラネット・アース」でデビュー。デビューアルバム「DURAN DURAN」から1986年の「Notorious」まではよく聴いていました。

 

 そのデュラン・デュランがちょうど40周年に当たる今年10月、15作目のスタジオアルバム「FUTURE PAST」をリリース。皆さんもう還暦超えなんですね。リードシングル曲の「INVISIBLE」を聴くとちょっと変わったかな?、と思いきや、アルバムを通して聴けば ”おぉ~っ、デュラン・デュランや~”  といったサウンドです。まずは、そのニューアルバムからのリードシングルである「INVISIBLE」のMVをシェアします。

 

  そしてもう一つ、「Notorious(1986年)」「INVISIBLE(2021年)」「Hungry Like The Wolf(1982年)」の3曲がくっついたMVをアップします。シングルのMVはちょっとシュールなアート作品に仕上がっています。

 ちなみに1982年、ボクははディスコ(今で言うクラブ)でバイトしていたこともあり、この時代の曲はとてもしっくりきます。同様のジャンルやシンセポップ系で、カルチャークラブ、カジャグーグー、ABC、YAZOO、ヒューマン・リーグなどなど、数えればきりがないほどのグループがあり、ダンスフロアはイギリス勢がかなり席巻していた時代でもありましたね。それらのグループもまた順次ご紹介していきます。


0 コメント