リック・アストリー(Rick Astley)「Never Gonna Give You Up(1987年)」File0046

 この2~3年はホントに世界中で80年代の音楽が盛り上がってますね。音楽だけでなく、アナログ盤(レコード)の大量再リリースや、それらを再生する機材なども含めてすごい勢いです。

 

 さて、80年代半ばぐらいから急激に盛り上げ見せたジャンルと言えば「ハイエナジー」や「ユーロビート」が有名なところでしょうか。ちょうどディスコで言うと、マハラジャブームからジュリアナ東京へ移っていく頃の時代ですね。日本の音楽界も、もれなくハイエナジー・ユーロビート系の楽曲が溢れてました。カバーですが、アンジー・ゴールドの「Eat You Up(1985年)」を荻野目洋子さんが「ダンシング・ヒーロー(1985年)」として歌っていました。その他、WinkやMAXなどの曲もその系の代表ですね。

 

 その中でも、ちょっと太めのダンディな声で注目を浴びたのが「リック・アストリー」です。この手の音楽に大貢献したストック・エイトキン・ウォーターマンという3人組プロデューサーチームのもとでデビューし、1987年のデビューアルバムはUK、AUS、GERでは1位、USでも10位と大ヒット。まずはその中から、1987年にUS・UKともに1位を獲得した「Never Gonna Give You Up」を、2016年のライブ映像(ポルトガルかな?)からシェアします。

 そしてもう一つのヒット曲、1988年にUS1位となった「Together Forever」をベルリンのライブ映像(おそらく2016年)からシェアです。

 

 1990年代からは低迷期に入りましたが、2000年以降再浮上し始め、2010年代には日本でのTV出演や来日公演、2017年にはサマーソニックにも出演しました。 

 また、釣り動画の一種であるダックロールで、Never Gonna Give You UpのMVが貼り付けられたことにより「リックロール」という言葉まででき、昨年で10億回再生を突破したそうです。

 

 最後におまけで、同時期に活躍した「カイリー・ミノーグ」との2018年のライブ映像があったのでシェアしておきますね。ちなみにボクは、デビュー当時のお坊ちゃん風のリックより今のほうが何百倍もカッコいいと思います。


0 コメント

ロッド・スチュワート「Christmas Live at Stirling Castle(2012年)」File0023

  すでに9年前のものですが、こんなライブがYoutubeで見れるちゃうんです。我々の世代で知らない人はいないほどのビッグアーティスト「ロッド・スチュワート」のクリスマスライブです。2012年11月21日にスコットランドのスターリング城で収録され、イギリスで12月に放映されたそうです。ちょうどその年の10月30日にご本人初のクリスマスアルバム「Merry Christmas、Baby」がリリースされており、これまたボクの好きなデヴィッド・フォスターがプロデュースしています。

 

 このライブにはデヴィッド・フォスターはもちろんのこと、ゲストも豪華。メジャーどころで言うと、80年代にロコモーションやラッキー・ラヴのヒット曲を持つ「カイリー・ミノーグ」などなど。とにかく豪華なクリスマスディナーショーっていう感じですので、ぜひ少し大きな画面でお酒を飲みながら見るのをオススメします。ちなみにラストの曲は「蛍の光」ですが、原曲はこのスコットランドの民謡なんです。

 

 

1. Programme Intro(0:00)

2. Have Yourself A Merry Little Christmas(0:30)

3. You Wear It Well(5:28)

4. White Christmas (with Nicola Benedetti)(10:05)

5. <Interview #1>(14:08)

6. Red-Suited Super Man(17:00)

7. Can't Stop Me Now(21:06)

8. Let It Snow!Let It Snow!Let It Snow!(with Kylie Minogue)(25:21)

9. <Interview #2>(28:56)

10. Merry Christmas, Baby(31:47)

11. Winter Wonderland (with Michael Bublé)(36:17)

12. <Interview #3>(38:43)

13. Silent Night(41:51)

14. Auld Lang Syne(46:34)

 

  ロッドは60年近い音楽活動でまもなく77歳になりますが、歳をとってもオチャメでセクシーなところは昔から変わりませんね。なお、ボクがロッドをよく聴いていた70~80年代についてはまた追ってご紹介しますね。^^/

 

※ 下記がアルバム「Merry Christmas、Baby」です。MVは一曲ごとに分かれていますが、ロッドのYoutubeチャンネル再生リストで全曲聴くことができます。


0 コメント

RIRI「RUSH(2017年)」File0008

 Z世代アーティストの「RIRI」さんは、先月11月に22歳になったばかり。Youtubeに彼女がインディーズ時代の17歳、2017年6月ときのLIVEがあるのでシェアしてみました。

 とにかく歌唱力は圧倒的な上、うっかり聴き流してると日本人が日本語で歌ってるとは思えない英語と日本語のシームレスさがスゴいです。11歳のときにデヴィッドフォスター主催のオーディションにファイナリストとして残ったって言うんですからこれまたスゴいですよね。インディーズ時代はAIさんのツアーなどにも参加したり、SUMMER SONICなどのフェスにも多く出場。その頃の「GOLD」っていう曲は圧巻です。昨年は、フォーブスの「活躍が期待される30歳未満のアジア人スポーツ選手芸能人30人」にランクインしたそうです。

 23年前に宇多田ヒカルさんが15歳でデビューしたときも結構衝撃的でしたが、今はもう10歳前後で才能が開花する時代だと改めて感じさせられました。

  

「RIRI official site」はココをクリック

 

【2021/12/20追記】

 2018年4月にアメリカのハードロックオーディションを受けた際の密着取材ビデオがありましたのでシェアします。


0 コメント