タキシード(Tuxedo)「Do It(2015年)」File0038

 昨日は「タキシード(Tuxedo)」の3枚のアルバムを通して聴いていました。お恥ずかしながら彼らを知ったのは去年なんですが、80年代前半のディスコサウンドにドップリだった自分にとっては、なかなか懐かしいサウンドやなぁ~、とズッと気になっていたのでちょっと深堀りしてみました。

 プロフィールを見ると、ヒップホップ分野でDJやプロデュースをやっていたメイヤー・ホーソーンとジェイク・ワンのデュオユニット。80~90年代のディスコやファンクを取り入れた楽曲を制作していると言うことです。ファーストアルバムから3枚目まで順に聴いていくと、当時っぽいサウンドがさらにリアルっぽく進化していますね。ボクは、当時のディスコサウンドの肝は、シンセベースがグルーブ感の良し悪しを決めてると言ってもいいんじゃないかと思っています。

 

 まずはタキシードの2015年のファーストアルバム「Tuxedo」から「Do It」をシェアしますね。

 次は5年経った2020年の「Doin' My Best(シングルリリース自体は2021年11月)」もシェアしますので聴き比べてみてください。

 そして気になったのがZAPPとのコラボで2018年にリリースした「Shy」という曲。ことZAPPにおいてよく使われるのが「トークボックス」というエフェクターで、電子楽器の音をビニルチューブを通して口の中で共鳴させてマイクで拾った音声のことです。ココ数年で有名な曲で言えば、ブルーノ・マーズの「24K Magic」のイントロや、昔で言えばBonJoviの「Livin’ On A Player」のイントロもそうですね。

 

 そのタキシードの「Shy(2018年)」、そしてZAPPの「More Bounce To The Ounce(1980年)」をシェアしますのでぜひ聴いてみてくださいね。

 

 今日はなにかとこの手のサウンドにちょっと熱くなってきましたので、この勢いで次回もこの延長線のお話ししようかなぁ~、と思っています。


0 コメント

デヴィッド・フォスター(DAVID FOSTER)「The Best of Me(1983年)」File0033

 おそらくアーティストを一人だけ選べと言われたらこの方なのかな、という「デヴィッド・フォスター」を今年の一発目にご紹介します。彼においてはロック、R&B、ジャズなどジャンル分けできないほど広範囲で、楽曲提供からプロデュースまでご活躍されており、彼の名がクレジットされていればまず間違いないと言えるでしょう。グラミー賞など数多くの名誉ある賞を獲得しています。まずは、1983年の初のソロアルバム「The Best of Me」から、1986年にオリビア・ニュートン・ジョンとのデュエットでシングルカットされたタイトル曲をシェアします。

 前述したように、とにかく彼のプロデュースした作品は数多く、数え切れないほどあります。今後、ボクがご紹介するアーティストも彼がプロデュースした作品が多く登場するかと思います。せっかくなので、そのブログとリンクさせていきますので、よろしければそちらもご覧くださいませ。

【DAVID FOSTERの代表的なプロデュース作品】

EW&F(File0021)、シカゴ、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、チャカ・カーン(File0010)、ジョージ・ベンソン(File0006)、ロッド・スチュワート(File0023)、竹内まりや、MISIA、松田聖子、などなど。

 

 ボクが初めてデヴィッド・フォスターを聴いたのは、1980年リリースされたAirplayの「Airplay(邦題:ロマンティック)」です。音楽史上に残る名盤と言っても過言ではないアルバムだと思っています。

 

 デヴィッド・フォスターとジェイ・グレイドンが中心(実は3人組)となり、サポートメンバーとしてTOTOのジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト、スティーヴ・ルカサー、そして元シカゴのビル・チャンプリンやレイ・パーカーJr.などなど、超豪華メンバーが参加しています。

 

 残念ながらアルバムは1枚のみですが、40年以上たった今も十分楽しめます。公式なものではありませんが、「Nothin' You Can Do About It /(邦題:貴方には何も出来ない)」のライブビデオがあるのでシェアしておきますね。


0 コメント

ザ・タイム(THE TIME)「Jungle Love(1984年)」File0031

 まず「ザ・タイム(THE TIME)」と聞いてわかる方は80年代の洋楽をそれなりに聴いていたか、プリンスがお好きな方かなぁ、と。

 

 まずは、この「Jungle Love」のMVをシェアします。ちなみにビルボードHOT100では20位でした。

 ザ・タイムは、1981年プリンスによって結成されたファンクバンドで、プリンスの幼馴染のモーリス・デイ(Vo)をはじめ、ジミー・ジャム(Key)、テリー・ルイス(Ba)、ジェシー・ジョンソン(Gu)などのメンバーで構成され、プリンスの前座なども務めていました。リリースした楽曲はR&Bチャートではそこそこでしたが、HOT100ではイマイチの伸びでした。

 

 1985年にはモーリス・デイとジェシー・ジョンソンが脱退しソロ活動を始めました。(ジェシーがプロデュースした「Kool Skool」の記事は「File0015」にて。)

 

 一方、ジミー・ジャムとテリー・ルイスは、ザ・タイムの活動をしながら「ジャム&ルイス」として、SOSバンド、シェレール、アレクサンダー・オニール、シェリル・リンなど、多くのヒット曲をプロデュースしていました。この二人の大成功は、ジャネット・ジャクソンが1986年にリリースした「コントロール」で、収録されている9曲のうち7曲がシングルカットされ、6曲がチャートの上位を占める勢いで、アルバムチャートも1位を獲得。続く1989年の「リズム・ネイション1814」も同様に大ヒット。ジャネット・ジャクソンについては、また後日詳しく語りたいと思います。

 2017年のグラミー賞では、「Tribute a Prince」としてこのThe Timeは「Jungle Love」などを披露し、そしてなんとプリンスの「Let's go Crazy」をブルーノ・マーズがギター弾きまくりで出てきたのはちょっとビックリでした。しかもご自身の公式チャンネルでリハの模様をアップしていますので、両方のMVシェアしますね。


0 コメント

TOKYO GROOVE JYOSHI「Christmas & 忘年Groove party」File0027

 昨日は今年最後のライブへ行ってきました。2018年に結成された東京発のジャズファンクガールズバンド「TOKYO GROOVE JYOSHI(通称:グル女)」というグループ。現在は、金指恵美さん(Key/Vo)、星野李奈さん(Bass/Cho)、MiMiさん(Dr/Vo)の女性3名で構成され、ライブではゲストミュージシャンを加えた形で活動されています。昨日のゲストミュージシャンは、今井晴萌さん(Sax)、カワコウさん(Gt)、西川リタさん(Vo)でした。オリジナル曲に加え、70~80年代のジャズ、ファンク、R&B、ロックなどジャンルを問わず独自のアレンジでグルーブ感たっぷりの演奏を聴かせてくれます。

 

 昨日のライブは生配信され、来年1/8までツイキャスで見ることが可能なようです。このサイトでは、今年の11月にリリースされた「FOXY」をシェアします。

 来年は1月にもライブがあり、初期メンバーの芹田珠奈さん(Bass)がゲスト参加。ツインベースに、新たにはじめたSaxも披露してくれるということなので楽しみにしています。

 

 もう一つのMVは、初期メンバー珠奈さんの頃のものです。スラップをさらっと弾きこなす姿がスゴいです。

 

ほかにもグル女のYoutubeチャンネルにいろんなMVがアップされています。また、詳しい情報などは公式サイトをチェックしてくださいね


0 コメント

70~80年代アソビ人必見!「東京ディスコ伝説 Since1968」File0025

 今日はクリスマスイヴということで、70~80年代夜遊び好きだったオジサマ方&オネエサマ方へのクリスマスプレゼントです。1968年からのディスコの歴史のドキュメンタリー「東京ディスコ伝説 Since1968」という2008年の動画をシェアしてみました。現在、50歳後半から70歳ぐらいの方ならこの動画見ると懐かしんでいただけるかと思います。80年代前半にDISCOで働いていたボクは思わず一気観してしまいました。

※ おそらく番組の録画なのでいつ見れなくなるかわかりません。

 本編は東京が舞台になっているため、大阪人のボクは知らない店が多かったのですが、いろいろと昔を思い出しました。ボクが一番通っていた80年代前半では、大阪でディスコと言えばミナミのほうがファッショナブルで格上的なイメージで、ダイヤモンドビルの「ジジック」や心斎橋筋商店街の「ジュビレーション」などが有名でした。ダイヤモンドビルは、後に「マハラジャ(1号店)」ができたりと、80年代はディスコブームのピークだったのではないかと思います。自分自身もわざわざ東京まで出向き、「ツバキハウス」ほか数件回った記憶があります。

 「DISCO(ディスコ)」といえばもちろん踊りに行く場所なのですが、当時ナンパ目的で行くイメージもありましたね。しかしながら今思えば大きい意味で音楽シーンを作り上げてきた一つの文化だと思います。実際にディスコでパワープレイされた曲が大ヒットにつながったり、中にはディスコ界のみでの大ヒット曲なんかもあったり。さらにはファッションに関しても例外ではなく、それぞれの時代の音楽とリンクするようにブームが起きていたように思います。

 

 ボク自身がジャンルを隔てずあらゆる音楽にドップリとハマったのがこの時代であるため、どうしても70年代後半から80年代前半を起点に過去へさかのぼったり、その後に新しく登場した音楽を比較してしまいます。それ故にこの「MUSIC TRUNK」では若干偏った意見などが多くなっているかもしれませんが、そのへんはご容赦いただき、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 最後に、当時ディスコでは大人気だったART ATTACKの「MANDOLAY」の音源をアップします。このレコードは当時でも入手しにくい状態でしたが、今もちゃんと大切に保管してあります。


0 コメント

デュラン・デュラン「INVISIBLE(2021年)」File0018

 80年代前半は ”ニューウェーブ” やら ”ニューロマンティック” なんて呼ばれる音楽ジャンルがありました。その代表的なグループの一つが「デュラン・デュラン」で、1981年「プラネット・アース」でデビュー。デビューアルバム「DURAN DURAN」から1986年の「Notorious」まではよく聴いていました。

 

 そのデュラン・デュランがちょうど40周年に当たる今年10月、15作目のスタジオアルバム「FUTURE PAST」をリリース。皆さんもう還暦超えなんですね。リードシングル曲の「INVISIBLE」を聴くとちょっと変わったかな?、と思いきや、アルバムを通して聴けば ”おぉ~っ、デュラン・デュランや~”  といったサウンドです。まずは、そのニューアルバムからのリードシングルである「INVISIBLE」のMVをシェアします。

 

  そしてもう一つ、「Notorious(1986年)」「INVISIBLE(2021年)」「Hungry Like The Wolf(1982年)」の3曲がくっついたMVをアップします。シングルのMVはちょっとシュールなアート作品に仕上がっています。

 ちなみに1982年、ボクははディスコ(今で言うクラブ)でバイトしていたこともあり、この時代の曲はとてもしっくりきます。同様のジャンルやシンセポップ系で、カルチャークラブ、カジャグーグー、ABC、YAZOO、ヒューマン・リーグなどなど、数えればきりがないほどのグループがあり、ダンスフロアはイギリス勢がかなり席巻していた時代でもありましたね。それらのグループもまた順次ご紹介していきます。


0 コメント

TAKE 6「We Wish You A Merry Christmas(1999年)」File0014

 クリスマスまであと10日程となりました。ということで、今日は6人組のコーラスグループ「TAKE6」のホッコリするクリスマスアルバムをご紹介。

 

 「TAKE6」名では1987年から活動開始、1988年にデビューアルバム「TAKE6」をリリース。このアカペラのアルバムは多くの賞を受賞し、その後もグラミー賞を獲得しました。

 

 そのTAKE6が1999年にリリースしたクリスマスアルバムが「We Wish You A Merry Christmas」です。ほとんどの曲がアカペラで、おなじみのクリスマススタンダードが収録されており、聖夜に聴くにはピッタリのアルバムです。誰もがよく知る、山下達郎さんの「クリスマス・イヴ」にもアカペラのコーラスが入っていますが、アカペラってクリスマスソングにはなぜがしっくりきちゃいますね。

 ちなみに2019年リリースの松田聖子さんの「SEIKO JAZZ 2」、ホイットニー・ヒューストンの「One Wish(The Holiday Album)」は、TAKE6の初期メンバーであるマーヴィン・ウォーレンのプロデュースです。こちらのアルバムもいつかご紹介しますね。


0 コメント

チャカ・カーン「RHINO REWIND(1979~1984年)」File0010

 昨日、友人がチャカの話題を持ち出したのをきっかけに今日はズッとチャカ三昧。ということで、ボクのフェイバリットアーティストである「CHAKA KHAN」をご紹介。

 

 チャカとの出会いは1979年のソロデビューアルバム「CHAKA(恋するチャカ)」で、1992年にホイットニー・ヒューストンがカバーした「アイム・エヴリ・ウーマン」が一曲目に入っています。1984年リリースのプリンスのカバーである「I FEEL FOR YOU(フィール・フォー・ユー))」でかなりメジャーになりましたよね。

 

 個人的には3枚目のアルバム「What Cha' Gonna Do For Me(恋のハプニング)」はお気に入りです。1曲目にビートルズの「We Can Work It Out(恋を抱きしめよう)」、2曲目にタイトル曲でもあるネッド・ドヒニーの「What Cha' Gonna Do For Me」のカバー曲なども収録されています。なんと言っても好きなプロデューサーの一人である「アリフマーディン」がスゴすぎます。しかも参加ミュージシャンが、ハイラムブロック、マイケルセンベロ、エイブラハムラボリエル、ハービーハンコック、リチャードティー、デヴィッドフォスター、マイケルブレッカー、ランディブレッカー、ラリーウイリアムス、ジェリーヘイ などなど。

 MVは「RHINO」というワーナーのレコードレーベルが作ったものみたいで、チャカの代表曲のMVが10曲分視聴できます。

 チャカは、ボクの一度は見てみたいリストに入っています。あぁ~、日本に来ないかなぁ~。


0 コメント

Tokimeki Records「トキメキ倶楽部(2021年)」File0007

 昨日は仕事も兼ねて久々にLiveへ行ってきました。ココ2年ぐらいで人気が出てきている80年代ポップスのリアレンジを中心としたTokimekiRecordsさんの初ライブ「トキメキ倶楽部」に参戦。場所が「東京キネマ倶楽部」ということもあり、一度は行ってみたかった場所。

 

 まず一番感じたのは一般のライブハウスなんかと比べると音のヌケが良く、ボーカル、各パートの音もすごく聴きやすかったです。ホールの問題なのか、PAさんの技術なのかはわかりませんが、やはりこのぐらいのレベルで聴けるとありがたいです。

 

 楽曲は教授(坂本龍一氏)が手掛けた「MINDCIRCUS」から始まり、中盤戦からはシャカタクなどそこそこ知られてる曲を中心に。ラストは 松原みき さんの「真夜中のドア StayWithMe」と杏里さんの「悲しみがとまらない」で。アンコールで再登場後は、稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」となぜかEWFの「September」で締め。

 

 YoutubeやCDの楽曲をそのまま再現した感じなのでそれはそれで楽しめましたが、個人的には1時間少々という時間が短かったのと、ライブならではのMCやパフォーマンスがもう少しあればもっと良かったな~っと。ただ初ライブということでしたので、次のステージへの期待を込めて今後の活躍を見守っていきたいと思います。

 

 撮影・スクショなど何でもOK!とのことでしたので、スマホ撮りの StayWithMeの一部をほんの少しフェイスブックにアップしています。

https://www.facebook.com/porosofu


0 コメント