岸正之「ラハイナ・ブルームーン(1984年)」File0042

 以前に個人のSNSでいろいろなアーティストや楽曲をピックアップしたことがあるのですが、こちらの「MUSIC TRUNK」でも紹介していきます。

 今回は80年代にAOR系J-Popを聴きあさった方ぐらいしかご存じないかもしれませんが、アニメソングやCMソングをはじめ、多くの楽曲を提供されている「岸正之」さんです。ご自身は2枚のアルバムしか出されていませんが、2枚ともクリエーター陣が素晴らしく、いいアルバムに仕上がっています。

 

 ボク自身は、1984年リリースの2ndアルバム「PRETENDER」を気に入っていてかなり聴き込みました。アレンジャーが武部聡志さん(Key)、参加ミュージシャンも鳥山雄司さん(Gt)、青山徹さん(Gt)、岡沢茂さん(Ba)、菊池丈夫さん(Dr)、中西康晴さん(Key)、土岐英史さん(Sax)、向井滋春グループ(Tb)などなど、なんともまぁ豪華。そのアルバムからまずは「ラハイナ・ブルームーン」をシェアします。なんとも言えない切ない感じがとても気に入っています。

 

 とは言っても、デビューアルバム「Warm Front(1982年)」もスゴいメンバーです。今剛さん(Gt)、矢島賢さん(Gt)、井上鑑さん(Key)、新川博さん(Key)、奥慶一さん(Key)、美久月千晴さん(Ba)、林立夫さん(Dr)、山木秀夫さん(Dr)などなど、今聞くとビックリの一流クリエーター陣で制作されています。せっかくなので、このアルバムからも「See You Again」という曲をシェアします。

 

 楽曲提供では、1985年放映のドラマ「スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説」でトップアイドルに躍り出た「南野陽子」さんの、1987年4月リリースシングル「話しかけたかった」も岸正之さんの作曲で、オリコンチャート1位を獲得しています。

 

 なぜボクが岸正之さんの楽曲が好きなのか少し考えてみました。一言で言えば「ノスタルジック」ですかね。楽曲自体はシンプルですが、聴いていると情景が浮かび、ちょっと切ない感じが心に響きます。ちょうどアナログとデジタルが入り混じった時代でもあり、その時代のアナログの良き部分がたくさん詰まってるからだと思います。

 

 サブスクでもこの2枚のアルバムは聴けますので、隠れた名盤としてオススメしたいです。


0 コメント

クイーン(Queen)「Greatest Live Performances(1985~86年)」File0032

 昨日の夜、テレビでクイーンのライブをやっていました。1986年のウェンブリー・スタジアム(ロンドン)での公演でした。見逃された方もいるかと思いますので、上記会場とリオ(1985年)でのライブビデオが公式チャンネルにありますのでシェアしますね。

 日本での第一次クイーンブームは、おなじみの「ボヘミアン・ラプソディ」が収録されている4枚目のアルバム「A Night at the Opera(邦題:オペラ座の夜)」リリースの1975年だとのことです。世界的に見ても日本での人気はスゴかったようで、クイーンのメンバーにとっても日本は関心の高い国だったようです。

 

 ボクがまともに聴きだしたのはクイーン押しの同級生の影響で、1978年リリースの7枚目のアルバム「JAZZ(邦題:ジャズ)」からでした。ココからさかのぼって昔のアルバムを聴いたりもしましたが、このアルバムをかなり聴き込んだこともあり、ボクの中ではこの「JAZZ」が未だにクイーンのNo.1アルバムになっています。

 今年2021年でフレディ・マーキュリーがこの世を去り、丸30年が経ちました。2018年に公開された映画「ボヘミアン・ラプソディ」で起きた第3次クイーンブームもまだ記憶に新しく、1973年のデビューから来年で49年目を迎えますが、今も3代目のボーカリストを迎え「Queen+Adam Lambert」として活動しています。ダイジェストムービーがあるのでシェアしますね。

 現在の活動についてファンからは賛否の声があるそうですが、すでに70歳半ばに近づこうとしているブライアン・メイとロジャー・テイラーが、今も元気にこうやって活動している姿は素晴らしいと思います。


続きを読む 0 コメント

KOOL SKOOL「My Girl(1990年)」File0015

 80年代後半から90年代前半のヒット曲はかなりがこの手のサウンドやったなぁ~、と思いながら今日ご紹介するのはニュー・ジャック・スウィング。ココ数年のいろんな音楽を聴いてると、このニュー・ジャック・スウィングが取り入れられているなぁ~、と思うことが多いのは気のせいでしょうか。

 

ではこの「ニュー・ジャック・スウィング」とは?

 

 元GUYのメンバーでもあったテディー・ライリーが生み出したと言われているようです。当時のR&Bやファンクとヒップホップを融合させた新しいジャンルで、メジャーなアーティストで言うと、GUYはもちろんのこと、ボビー・ブラウン、BoyzⅡMen、ベビーフェイス、マイケル・ジャクソンなどなど、挙げるとキリがないほど多くのアーティストの楽曲にこのサウンドが取り入れられていました。ココ数年で言えば、ブルーノ・マーズの「Finesse」はもろにその頃のニュー・ジャック・スウィングそのもの。まずはその曲と本家本元GUYの「Wanna Get With U(1988年)」をシェアします。

 今日はその頃ボクがハマったちょっとレアな「KOOL SKOOL」から、1990年リリースアルバムの中の「My Girl」をピックアップ。アルバムリリースはたったの1枚ですが、プリンスファミリーでもあった元ザ・タイムのジェシー・ジョンソンがプロデュースで、コレでもか~っ!というほどニュージャックスウィング丸出しのアルバムです。MVのレベルは大したことありませんが、その頃のファッションやダンスが披露されていて懐かしく見れてしまいます。


0 コメント

菊池桃子「ラ・ムー(1988年)」File0013

 今日は、今も変わらぬ美貌とウイスパーボイスの菊池桃子さん。シティポップの盛り上がりとともにココ数年あらゆる方面から注目されていますね。最近では、話題の韓国人プロデューサー兼DJのNight Tempo氏が桃子さんファンということで9月に「ザ・昭和グルーブ」の第10弾としてリリース。

 

 桃子さんは80年代はアイドルという位置づけでご活躍されていましたが、取り巻きのクリエーター陣もすごい方々ばかりでした。歌手としては1984年「青春のいじわる」でデビューし、その後の「雪に書いたLOVE LETTER」「卒業-GRADUATION-」「BOYのテーマ」「もう逢えないかもしれない」など、12枚のシングルはすべて林哲司さんが作曲というまさにシティポップの王道です。

 1988年からは元プリズムの松浦義和さんがリーダーとして結成された「ラ・ムー」での活動を開始。ブラコンテイストのポップ・ロックといったイメージで、当時のこの手のJ-Popでは最先端のサウンドだったんではないでしょうか。アルバムは「THANKS GIVING」の1枚のみですが、今聴いても全く違和感のないクオリティです。Youtubeには当時の歌番組のものがいくつかアップされていますが、今回はシングルの音源だけのものをシェアしましたのでぜひ聴いてみてくださいね。


0 コメント