· 

ジョージ・ベンソン「Turn Your Love Around(1981年)」File0006

 本来はJAZZに分類されるはずのアーティストですが、80年代辺りからポップス、AOR色が強くなってきましたね。そう、「ジョージ・ベンソン」さんの登場です。

 

 ボク自身がまともにアルバムを買って聴いていたのは、1976年の「ブリージン」から1988年の「トゥワイス・ザ・ラヴ」の間ぐらいですが、それでも22年。デビューが1964年で、現在も78歳で活躍中というからスゴいです!ご紹介したい曲が多すぎて困りましたが、ボクと同世代の方ならきっと耳にしたことがあるだろうなぁ~という曲をピックアップ。

 

 この曲は1981年リリースで、当時Pオニアさんの「プロジェクトG7」というコンポ(コンポーネントステレオのことです。)のCMで、なんとご本人登場!楽曲制作はビル・チャンプリン、ジェイ・グレイドン、スティーヴ・ルカサー。参加アーティストがデヴィッド・フォスター、デヴィッド・ペイチ、ジェフ・ポーカロなどなど。なんちゅう豪華な面々でしょう。(ほぼほぼTOTOですが・・・。)まさにAORの王道的な楽曲です。

 

 と同時にこのあたりからクインシー・ジョーンズが手掛けたりと、ポップ色が強くなり、JAZZというより広く「ブラックコンテンポラリー」と言うくくりに属していたように思います。個人的には「ギヴ・ミー・ザ・ナイト(1980年)」「ユア・アイズ(1983年)」「20 / 20 (1984年)」は今でもよく聴いています。