· 

フラー・イースト(Fleur East)「Uptown Funk(2014年)」File0029

 ブルーノ・マーズと言えば、洋楽ファンであればほとんどの方が知ってるアーティストだと思います。その彼とマーク・ロンソンの共作である「Uptown Funk」という曲がご本人たちよりも先にブレイクしちゃった事件があったそうです。その張本人が「Fleur East(フラー・イースト)」です。彼女は2014年末の「The X-Factor」というUKのオーディション番組でこの曲を歌い準優勝。それがキッカケでUK i-Tunesダウンロード・チャートで1位を記録したそうです。マーク・ロンソンがこの曲をリリースしたのが同年11月なので、この曲の大ヒットは彼女がきっかけになった要因の一つでもありそうですね。その時の映像がアップされてますのでシェアしますね。とにかくカッコいいの一言です。

 彼女の2015年にリリースされた「Love, Sax & Flashbacks」と言うアルバムがあるのですが、個人的にとても気に入りました。70~90年代のソウルやファンクのオイシイところ取りでグルーブ感満載の仕上がりです。しかも先ほどの「Uptown Funk」に加え、アリシア・キーズの「Girl On Fire」もカバーで収録。とにかくアルバムを聴いてると80~90年代に引き戻される感じがします。

 

 そのアルバムからのリードシングル「Sax」のLiveビデオがあるのでシェアしますね。2015年のクリスマスイベントの模様みたいですが、なぜか2週間ほど前にアップされてます。

 彼女のフルアルバムは2015年と2020年の2枚だけ。その5年間でかなりイメージが変わったので、個人的には2015年の路線でいてほしかったなぁ~、と思っています。いずれにせよ、2015年の「Love, Sax & Flashbacks」は80年代前後のファンク系がお好きな方にはオススメの1枚です。