· 

大瀧詠一「君は天然色(1981年)」File0009

 昨今「80年代ポップス」がブームとなっていますが、当面の間は80年代ポップスを支えたアーティストの80年代以前からの活躍を少しおさらいしていきたいと思います。

 

第一弾は「はっぴいえんど」

 

 バンド名がはっぴいえんどになる前の結成は1969年に遡ります。なんとそのメンバーが細野晴臣さん、大瀧詠一さん、松本隆さん、鈴木茂さんと名だたるアーティストのグループでした。グループの代表曲でもある1971年の「風をあつめて」という曲は、昨年コーヒー飲料のCMで窪田正孝さんがカバーしてるので耳にした方も多いかと思います。50年経っても歌い継がれてるってスゴいですよね。このCMの動画も一番最後にシェアしておきます。

 

 そして今日、このメンバーからピックアップさせていただくのは、大瀧詠一さんの1981年リリースアルバム「A LONG VACATION」から「君は天然色」です。作詞が松本隆さん、作曲が大瀧詠一さん。松本隆さんの歌詞も昨今はよくメディアにクローズアップされていますよね。先月は松本隆さんの活動50周年記念コンサートも開催され、はっぴいえんどのドラマーとして出演されたそうです。

 

 今回ピックアップしたMVは、A LONG VACATIONでもレコードジャケットを飾ったイラストレーターの永井博さんのイラストで構成されています。アラ環の皆さんならこのMVを見て懐かしく感じられるんじゃないかと思います。なお、大瀧詠一さんは2013年に他界されましたが、80年代にかけて太田裕美さん、西城秀樹さん、小林旭さんをはじめ、松田聖子さんの「風立ちぬ」、森進一さんの「冬のリヴィエラ」など、多くの楽曲を提供されています。

 

 70年代に「ナイアガラ・レーベル」を設立し、所属第1号アーティストは「シュガー・ベイブ」、山下達郎さん、伊藤銀次さんとで「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」、佐野元春さん、杉真理さんとで「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」をリリースするなど、その後のJ-Popの礎を築いたと言っても過言ではないと思います。