北京のClub ~その4~

へたくそなダンサーが登場して盛り上がった深夜12時ごろ
へたくそなダンサーが登場して盛り上がった深夜12時ごろ

先週の土曜日にまたまたClubへ。へたくそなダンサーが登場して盛り上がった深夜12時ごろ
年末にはリニューアルした「Banana」へ行き、元旦の日には「Cargo」へ。最近はお客さんとの飲み歩きへたくそなダンサーが登場して盛り上がった深夜12時ごろと交互に行ってる感じ・・・。

という事で、今回はまた「美麗会(メイリーホイ)」へ行くことに。
と言うのもココのマネージャーである「KK姐」がお知り会いなので門票(入場料)がタダでテーブル席が確保できるから。中国においてはこういうコネは非常に便利。へたくそなダンサーが登場して盛り上がった深夜12時ごろ

ただルールとしてテーブル席確保には最低消費600元(約1万円)が必要。みんなそこまで酒へたくそなダンサーが登場して盛り上がった深夜12時ごろを飲むわけでもなかったので、その「KK姐」に頼み込んで500元程度でなんとかOKをもらうことに。

店をでたところ。このあと「唐会」へハシゴ・・・。
店をでたところ。このあと「唐会」へハシゴ・・・。

でも驚くことは、こういう夜遊びに関する消費額は想像を絶すること。
シーバスのセットが一番安く600元。メニューを見てるとマーテルやらエライ高い酒がズラリ。恐ろしいのはボトル1本10000元(約15万円)近いのも平気で載ってる。

「誰がこんなモン頼むんや~???」

ホントそんな感じのメニュー。中国の平均所得からすると恐ろしい金額。それでもこういう場では消費されているのが事実。

「どっからこんなカネが出てくるんや~?


ある程度のことは知ってるけど、いまだに不可解な部分はいっぱい!
なので中国はオ・モ・シ・ロ・イ!?