北京のClub ~その3~

店内の写真をとろうとしたらストップがかかった。なので入り口の画像のみ。
店内の写真をとろうとしたらストップがかかった。なので入り口の画像のみ。

先週に引き続きおとといの夜店内の写真をとろうとしたらストップがかかった。なので入り口の画像のみ。もClubへ。
今回も同じ工体西門にある「唐会(タンホイ)」へ行く。ココも門票(入場料)は無料でOK!

 

中はフロアが2つあり自分の気に入った曲の流れているほうに行くことが出来る。この日は入り口側に近いほうへ席を取り、とりあえずビール(30元/本)とおつまみを注文。ココの「ポテチ」は最悪!小鉢1杯分で30元!しかもマズイ!
でっ、定番のポップコーン(30元)を再度注文。コレは普通にOK!

入店が確か10時ごろ。少しの間サイコロゲームで時間をつぶす。
10時半頃にDJが登場!徐々にフロアに人が集まりだす。
ココのセレクトも基本は「Hip-Hop」系。
まぁこの前の「美麗会(メイリーホイ)」と差不多(ほとんど同じと言う意味。)。

 

12時ぐらいになると3人目が登場し、こちらはハウス系だったので少ししてから店を出る。

当分の間はいろんなClub巡りでもしようかと。以前「MIX」行ったとき外人のゲストDJが来てターンテーブル回してった。曲はハウス系、でもなんとなくアナログ感があってよかった。でも自分的には70~80年代の「DISCO」と呼ばれていた時代のSoul、R&Bが好きですね。
コレは永遠でしょう、きっと。