❏ 愛麻婆's HISTORY


 

 お店はオーナー「あい」とそのダンナ「やほん」の2人で100%手作りで作りました。お店を作るときのイメージは「白を基調にブルー系アクセントの海の家のようなカフェバー」でした。それゆえに手作り感満載の店内となっておりますが、皆さんにはリラックスしてのんびりとお酒とお料理を楽しんでいただける空間であれば幸いです。

 

 

場所決定からオープンまで】 ☆ 201611月末~20173

 手作りのお店を計画していたので、できるだけ何もない状態の物件を探した結果、現在のこの場所に決まりました。壁は真っ白、床は木目調のクッションフロア。トイレとシンクが一つあるだけの事務所のような場所でした。

 


計画通り白を基調にするため、まずはファサード部分のサッシ周りを塗装。

 テントは張り替えずにそのまま白に塗装。そして店内は事務所感をなくすために床も壁もOSB材で覆うようにしました。壁は白で、柱はアクセントとしてライトブルーに。

 塗り終えたあとに壁が真っ白になってしまったので面白みがなくなったため、愛ちゃんのアイデアで塗装を擦り剥がすように柄を入れることになりました。

 

 また、床壁を覆うことにより、元の壁などをほとんど傷つけずに好きなように穴を開けたり、ビスで固定したり出来るのが最大のメリットです。

 

 


 

 元々ある程度の平面レイアウトのみを決めただけで作り始めているので、ボトル棚や作業デスクは作りながらどうするかを考えました。しかもできるだけ端材を残さない方法をとったので、かなり継ぎ足しだらけのものに・・・。

 

 

 カウンターは強度が心配でしたが、とりあえず1年以上経ってもなんとか使えてるのでホッとしてます。^^;

 

 荷物を置く場所がないので、足元の奥の方にフックが付いてますのでご利用ください。また電源もお客さん用としてつけてますのでご自由にどうぞ♪

 

  店内がある程度完成したら最後はファサードの仕上げ。愛ちゃんの要望により花壇の設置。コレがちょうど20172月の中頃。

 

  そしてコレがオープン前のほぼ完成形。なんとか2017年3月17日に無事オープンさせましたが、当初は店内の照明も若干暗めでバー的イメージが強く、テントへの照明もなかったので、「隠れ家的なお店」どころか、本当に隠れまくってしまったのでした・・・。^^;

 

 

オープン、そして日々進化!?】☆ 20176

 

  20175月よりランチもはじめましたがなかなかお客さんも増えず苦戦。

 

 またお酒を飲む方よりもお料理を目的に来る方のほうがメインになってきたため、バー的なイメージから「中国家庭料理」を全面に出すようにし、いろいろなメニューを増やしたりもしました。

 

 テントに「中国家庭料理」の文字を入れたのがこの頃です。

 

 

もっと目立ちたい・・・】☆ 201710月~20181

 

  住宅街の中にあるお店としては所在を知ってもらわないとダメだということで、提灯に照明を入れ、テントサイドにもあててみました。

 

 来ていただいた方々からは「気になってたけど入りにくかった。こんな店とは知らなかった。」というのが大半で、いかに「わかりにくくて入りにくい店」ということを痛感!

 

 唯一の救いは、麻婆豆腐を食べに来るリピーターの方が少し増えてきたことでした。

 

 そして2017年年末に決断したのは大幅なリニューアルでした。リニューアルと言ってもお店を改装するというよりは、

 

① 屋号を見て何のお店かを理解できること。

② メニューは麻婆豆腐をメインとし、あまり人気のないメニューは思い切って切り捨てる。

③ 麻婆豆腐はお客さんの好みに合わせてカスタマイズする。

ことを目的としました。

 

 2月中旬に長期春節休みを取ることになっていたので、その後のタイミングでリニューアルオープンさせることに決定!

 

そしてリニューアルオープンへ】☆ 20181月~2018226

 

  店名は愛ちゃんのお店なので「愛」と入れることは決まってましたので、迷わず「愛❤麻婆」で決定!

 

 なんのお店かがわかりやすく、アイキャッチ的なインパクトが欲しかったのでキャラクターも作ることにしました。デザイナーさんに自分たちの要望を伝え、修正を繰り返してロゴとキャラクターが完成。

 

 キャラクターは誰もが知るパンダで、日中友好のシンボルでもあります。お店としてもお料理をきっかけに、メディアなどによって誤解されやすい中国について、少しでもリアル中国を伝えられればという思いでいます。

  そしてついに2018年226日にオープン!テント正面にも照明を入れ、夜でもお店がわかりやすいようにしました。またあえてひらがなで仮名もいれました。日本では「麻婆⇒まーぼー」となっていますが、そこはあえて「麻婆(MaPo)⇒ま~ぷぅお」というように中国の読み方にしています。

 

そこはちょっとしたこだわりですかね。^^

 

 オープン、そしてこれからは・・・】☆ 2018226日~

  無事リニューアルオープンした「愛❤麻婆」は、屋号の変更なども功を奏し、おかげさまで以前よりは麻婆豆腐が食べられるお店として少しずつ認知されるようになってきたような気がします。それでもまだまだ足りない部分がいっぱいあります。やりたいこともいっぱいあります。

 

 

 お店は生き物と同じで、生まれたときから日々成長しなければなりません。それゆえにこれからも皆さんのご意見を聞き、アイデアを絞り出しながらこれからも前進あるのみです。

 

 これからも来られた皆さんにサプライズを与えられるお店になれるよう日々進化していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 


 そしてさらに1年と2ヶ月が経過・・・。

 

 お料理目的でご家族連れや3名様以上の方も来られるようになりました。しかしながらカウンターのみでは子供さんにとって居心地も悪く危ないし・・・。そんなこともあり、店内を大幅に変えることを決断!

 GWのお休みを使い、解体した廃材をできるだけ活かしながらまたもや愛ちゃんとふたりで大改装をはじめました。

 

更に進化のため、店内リニューアルを実施】☆ 20194月27日~5月6日

 改装初日、まずは解体から。

2年間お世話になったカウンターに感謝しながらも順次バラバラにしていきました。いい加減に作ってる割にはなんとか頑張ってくれたのでちょっと寂しい気持ちも・・・。

 初日はとりあえずスペースを確保する意味もあり、ある程度カウンターを動かせるところまでバラしました。

 

 2日目はカウンターを完全にばらし、トイレへ行く通路の壁を立ち上げました。以前の排気は最悪だったので、今回は新たに手作りでレンジフードを設置。コレで以前よりはマシ!?

 とにかく煙や匂いがお客さんのスペースにあまり行かないようにしたかったので良くはなったかなぁ~。

 

 3日目はバックカウンターの撤去。トイレまでの通路壁が出来たので塗装を開始。店内の塗装は100%愛ちゃんの仕事です。なかなか板についた手さばきでサササッ~っとこなしていきます。

 その日の夜に「令和」という新しい時代が明けるのでした~♪

 

 4日目からは細かい作業も始まります。レイアウトを考えながら電源の位置を移動したり、什器や設備がキッチリ収まるように微調整しながら造作も進めます。なんとか作業スペースとの区分けまでは完成。その後の作業で作業スペース内にホコリが入らないように養生して今日は終了。

 

 5日目。

愛ちゃんは作業スペースの細かい作業に入ります。ボクはホール側の照明など、電源関連の移動や設置に一日を費やしました。でもなんとなくお店っぽくはなってきましたね。^^

 

 6日目。

お客さんの使うテーブルに製作にかかります。作業スペースはさておいて、お客さんの使うものについてはちゃんと作らないといけません。当初4本脚で設計していたのですが、昨晩、脚が邪魔なことに気づき、急いで設計変更。気づいて良かったです・・・。

 夜は調理作業の確認も兼ねて、作りたてのテーブルでまかないを。^^

 

 7日目。

予定に入っていなかったのですが、バックカウンターの廃材が多く残ったのでホール側に飾り棚として設置。テーブルも塗装を残しとりあえず全部完成。以前通り、各テーブル横には電源を設置。携帯の充電やPCでの作業もバッチリ!

 

 8日目。

昨日仕上がったテーブルとホール周りの塗装を愛ちゃんが一生懸命塗りました。届いたチェアも組み立てて、おおむねオープンに向けての最低限のところまでたどり着きました。

 思いの外、材料が余ってしまったのでジモティーに無料で出したところ、すぐに引き取り手が見つかりました。生まれてきたワンちゃんの小屋を作るということで、喜んで引き取ってもらえました。

 

 9日目の最終日、オープン前日。

最後の仕上げで細かいところをチェック。とりあえず最低限オープンできるところまで来ましたが、まだまだ足りないところがいっぱい。そのへんはオープンしてから少しずつ調整していきます。

 

【そして・・・、ついに店内リニューアルオープン!】☆ 201957日~

 

 なんとか5/7に無事リニューアルオープン。

かなり変わったので、以前にお越しいただいていたお客さんにはビックリされました。

 正直、カウンターでひとりゆっくり飲んでいたお客さんにはチョット残念な感じになったようですが、お料理を楽しみに来られる新しいお客さんも来られました。どちらがベストなのかは正直わかりませんが、当面はこの形で頑張っていきたいと思っています。

 

 あっ、お持ち帰りは麻婆豆腐だけではなく、いろいろなものが持って帰れますので、ぜひお気軽にお越しください。また、10名程度で貸し切りもでき、カウンターだけのときよりも使いやすくなっていますので、ぜひ気軽にご利用くださいね。