【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイム、お持ち帰りには使えません。)

友だち追加

ランチはメチャお得っ!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはビール、ハイボール、チューハイはスペシャル価格、その他の飲み物はすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

実はホイコーロー(回鍋肉)って・・・

 日本でも有名な中国の料理である「回鍋肉(日本ではホイコーロー)」について若干ウンチクを。とは言っても知る範囲でのウンチクですのであしからず。

 ※ でもご興味ある方はぜひ続きも読んでくださいね。^^/

 ではそもそものお話から。

 

 料理の名前が「回鍋肉」となっているのですが、その意味を知らずして語ることは出来ません。

 まず呼び方からですが、「ホイコーロー」と書かれていることが一般的なのですが、中国のピンイン(発音記号!?)では「HuiGuoRou」となり、日本語読みでは「ホィ≒フィ、グゥオ、ロゥ」と読みます。なので中国の方に「ホイコーロー」と言っても伝わりませんのでご注意を。

 

 そして「回鍋肉」という名前の由来をお話しますと・・・。

 

 中国語を理解できる方はわかると思いますが「回(ホィ)」の意味ですが、日本で言う回るという意味ではなく、「帰る、戻る、返す」という意味が一般的です。後ろにつく「鍋」や「肉」は日本の意味とはほぼ同じ。よって回鍋肉という名前は「肉を鍋に戻す」という意味でついているんですね。と言ってもどういう意味かわからないですよね。なので少しご説明させていただきます。

 

 鍋に肉を戻す前にお肉に手を加えるわけです。まずは五花肉(WuHuaRou)と呼ばれる豚のバラ肉のブロックを煮込むんですね。この際にいろいろな香辛料を入れるわけですが、コレはお店によって多分異なります。NoCCSでは愛ちゃんが中国ならではの味を出すために八角や山椒系を始め、いろいろな香辛料をブレンドしたスープで煮込みます。

 

 そしてしっかりと煮込んだ後、ブロックをスライスしていきます。その後、そのお肉を使って調理の際に野菜と一緒に再度鍋に入れて炒めます。

 

 もうおわかりいただけましたよね?

 そうなんです。いったん煮込んだ豚肉を再度鍋に戻して炒める、だから「回鍋肉」なんですね。

 なので実は極端な話、ご家庭で手軽に作るそのままのお肉で炒めたものは「回鍋肉≒ホイコーロー」と呼んではいけないんですね。(ご家庭で作られている方、ゴメンナサイ!)ただご家庭ではなかなかそこまでの仕込みは難しいと思うんですが、このひと手間でかなり異なる食べ物に変わってしまうわけです。

 

ということで・・・

 

 そんなこだわりは料理名の意味がわかってる中国人の愛ちゃんだからこそ出来るのかなぁ~と、家族ながらボクは関心してしまいます。確かにお肉をそのまま炒めるのとは味が違うので、もしNoCCSで回鍋肉をご注文された際は、そのへんも意識しながらご賞味いただけると幸いです。

 

 ちなみに余談ですが、中国で「キャベツを入れる回鍋肉」はおそらく!?ありません。キャベツの入ってる回鍋肉は中国から伝わってきた際にキャベツを代用したことで始まった「日式回鍋肉」です。ただそれはそれで日本の中華料理として確立されていますので「豚肉とキャベツの辛味噌炒め」として美味しく食べていただけますが、ぜひとも「中国の回鍋肉」に近いNoCCSのお味を一度ご賞味いただければと思っております。

 そして回鍋肉は辛さを主張するお料理ではありませんので、それなりの香辛料とのコラボをお楽しみいただければ幸いです。

 

 ※ 中国は広いため、あくまで筆者の知る限りの意見ですのでご容赦くださいませ。^^;

 


Copyright © NoCCS All rights reserved.