【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイム、お持ち帰りには使えません。)

友だち追加

ランチはメチャお得っ!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはビール、ハイボール、チューハイはスペシャル価格、その他の飲み物はすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

中華料理と中国料理の違い

 以前にフェイスブックでもアップしたのですが、Webページでははじめてなのであらためてアップしてみたいと思います。

 まずは基本の基本ということで、タイトル通り中国の料理について触れてみたいと思います。

(ぜひ続きも見てね。^^)

 実はボク自身も日本で愛ちゃんが店を開くまでは中華料理と中国料理の違いを意識したことはありませんでした。ところが友人からテレビでその違いをやってるとの話を聞き、チョット気になったのでいろいろと調べてみました。特にわかりやすく説明されていた記事があり、リンクさせていただきますのでご興味あれば読んでみてください。

    ⇒ 日本で区別された「中華料理」と「中国料理」

 

 で~っ、この話を聞いてから「中華」という言葉を使うことをやめました。と言うのも、NoCCS(ノックス)で出しているお料理は「中華料理」ではなく、「中国料理」だからです。とは言っても、リンクの記事にあるような敷居の高い高級な中国料理ではなく、中国で言う「家常菜(JiaChangCai)」と定義される「家庭料理」です。

 

 そもそも日本から中国へ行くと日本で食べてる中華料理を食べることは難しいです。つまり日本の中華料理は日本人の口に合わせてアレンジされた「中国風料理」であり、中国には存在しない(特に味が)ものが多いからです。味付けだけではなく、大きく改良されてしまっているものもあります。例えば日本では一般的な「天津飯」、「酢豚」、「中華丼」などです。中国は広いので地域によりいろいろな料理があり、一概には言えませんが、この類のズバリの料理は存在しません。もちろん近い料理であっても味付けが全く異なります。

 

 ボクが思う例えですが、中国の方が中華料理店で食べる料理は、欧米の方が洋食系のファミレスで食べる感覚と同じで、故郷の味とは異なる「日本の洋食」といったふうに感じるのではないかと思っています。それらはすべて日本では市民権を得てる完成されたものには違いないとも言えます。

 

 しかしながらNoCCS(ノックス)ではできるだけ忠実に中国そのままの味を再現する形でお出しすることを目指しています。もしかすると食べられた方の中にはコレはチョット・・・、というお料理もあるかもしれませんが、極力日本人の皆さんにも馴染みやすいものをセレクトしています。

 お店ではいろいろな自家製調味料(辣油、花椒油、葱油など)ブレンドしたり、日本の調味料では再現しにくいものは工夫しながら日々格闘しておりますので、中国の料理にご興味ある方にはぜひともご賞味いただければと思っております。

 

 という事で今後は中国のいろいろなお料理やお酒について分かる範囲での「ウンチク」をアップしていきたいと思いますのでぜひお付き合いいただければと思います。^^/


Copyright © NoCCS All rights reserved.