【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイムは使えません。)

友だち追加

ランチをリニューアル!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

【yahongの独り言】中国の模倣品・類似品事情

 皆さんもご存知の通り、中国には模倣品や類似品が多く存在します。特にブランド物と呼ばれる商品はおカネになるためすぐに世に出回ります。今回は最近ボク自身が気になったスポーツシューズ「ニューバランス」を例にとってチョット書いてみたいと思います。

 

 以前までは路上や商業施設のイベントコーナーで臨時的に売られることが多かったのですが、最近はこんなに立派な店を構えて堂々と販売しているケースも有ります。さすがに名前は「NEW BALANCE」とは謳っていませんが、ブランドに疎いお客さんならわからないレベルですね。

 本家の「NEW BALANCE」は中国語で「新百伦(XinBaiLun)」と言います。ところがこの店のブランドは「NEW BAILUN LP」というアルファベット表記にしています。NEWはそのまま残し、百伦はピンイン表記(中国の発音記号)。そしてLPがくっついています。このブランドを中国表記すると「新百伦领跑(XinBaiLunLingPoa)」となり、つまり领跑のピンインの頭文字を取ってLPとしてるわけです。中国表記においてもこの「领跑」がつかないと商標に触れるからなんでしょうね。それでも法的にはどうなんでしょう?これで大丈夫なのかなぁ~??

 ちなみに「领跑」の意味は表現が難しいですが、「领跑人」だと「ペースメーカー」となります。

 

コレは別の商業施設の催事売り場ですが、他にも「new Ramble」なんていうのもあり、しかもNew Balanceの模倣品と混ぜあわせて売られています。
コレは別の商業施設の催事売り場ですが、他にも「new Ramble」なんていうのもあり、しかもNew Balanceの模倣品と混ぜあわせて売られています。
根本的に模倣品のロゴはホンモノと違うし、「Ramble」っていうのが入っていたり、ロゴも若干に変えてみたりともう無茶苦茶ですね。
根本的に模倣品のロゴはホンモノと違うし、「Ramble」っていうのが入っていたり、ロゴも若干に変えてみたりともう無茶苦茶ですね。

 

 とまぁコレはスポーツシューズひとつを例に取っただけで、同様にいろんな模倣品が街に溢れかえっています。この数年前から中国でも「オニツカタイガー」が流行し、同様に模倣品が氾濫しています。これらブランドスポーツシューズの模倣品は決して安いわけでもなく、一般的には299元から(今のレートでおよそ5000円チョイから)で販売されています。正規品でも日本のアウトレットであればもっと安くてに入ったりもします。(型番にもよりますが。)

 

 また、以前に「名創」やそれと同種の韓国チェーンの記事をアップしましたが、更にまた同様の「MUMUSO」なんていう店が増殖しています。コレも韓国系ですけどね。(下記の画像)儲かるモノやアイデアはすぐにパクられます・・・。

 

 ◎ 【yahongの独り言】韓国版名創(メイソウ)!?はここをクリック

内装や陳列、置いてる商品も以前に紹介した店のものとほぼ似たようなもの。
内装や陳列、置いてる商品も以前に紹介した店のものとほぼ似たようなもの。

 

 

 とにかく「流行っているもの=儲かる」という発想のもと、この環境は今後も変わらず続いていくでしょう。なんせ政府がそれを完全に規制すると工場閉鎖とともに恐ろしい数の失業者が出てしまいますから。それゆえに政府も外向きには規制をキツくしているとし、国内では黙認せざるを得ない状況にあるわけです。

 

 また買う側も信用していないので「ニセモノ」とわかりながら買っているのも事実。ホンモノは高くて買えないけどそれなりの流行には乗りたい。そんな感じで需要と供給のバランスが取れてしまってるため、作ったり売ったりする側に罰則を儲けてもなくならない。ニセモノと知ってて買った人にも罰則を設けるなってことぐらいしないと縮小はしません。

 

 自分自身も現在そんな市場で商売させてもらってるわけですが、正直本当に厳しいですね。ブログをご覧になって頂いてる皆さんの中にも中国で頑張ってらっしゃる方も多くいると思いますが、とにかくめげずにお互い頑張りましょう!

 


Copyright © NoCCS All rights reserved.