【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイムは使えません。)

友だち追加

ランチをリニューアル!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

【愛ちゃんが行く!】福建土楼(福建省:世界遺産)

 ご無沙汰しています!

なんやかんやと1月は忙しくて1ヶ月近く空いてしまいましたね。どうも失礼しました。

 

 さて今日も前回からの続きで、お正月休みに行った福建方面への旅行レポートです。今回は一度は見ておきたいと思っていた「福建土楼」です。2008年に世界遺産として登録されました。昔はアメリカが衛星写真を見て核サイロではないかという話もあったようです。

 

 ◎ 第1弾レポート「コロンス島」へはこちらをクリック

 ◎ 第2弾レポート「中山路~沙坡尾」へはこちらをクリック

 

 

中国の世界遺産を見るのはやっぱり大変!

 中国の世界遺産を見に行く時にいつも思うのですが、とにかく遠いので大変、って言うことです。まぁ自然遺産ですから当たり前なんですが、バスで3時間揺られるのはまだ近い方。バスも大して良くもないですし、道もあまり良くない。とにかく疲れます。それ故に「行くぞ~!」と気合を入れないとなかなか行けないですね。

今日のバスはヴィトンのシートでチョ~豪華!?
今日のバスはヴィトンのシートでチョ~豪華!?

 今回は厦門発の1日バスツアーに参加。おひとり様208元(およそ3700円)でお昼ごはん付。それにプラスしてお決まりのおみやげ店巡り。コレが添乗員さんの収入になるので仕方ないですね。

 画像はおみやげ店もある昼食会場。食事の順番待ちでお茶やタバコを無料で提供してくれたりするのですが、もちろんこれも買ってもらうための販促活動ですね。

こんなんも売ってます。
こんなんも売ってます。
三十数名のバスツアーなのでひとテーブル11名で、と。見も知らぬ人と一緒に箸をつつけない人はご飯にありつけません。
三十数名のバスツアーなのでひとテーブル11名で、と。見も知らぬ人と一緒に箸をつつけない人はご飯にありつけません。
11名分のお昼ごはんがコレ。大体いつもツアーに参加するとこんなレベル。慣れっこです。
11名分のお昼ごはんがコレ。大体いつもツアーに参加するとこんなレベル。慣れっこです。

やっとのことで「福建土楼」に到着。

 朝の7:20ホテルを出ておよそ6時間近くかかって目的地に。各ホテルを回って参加客をひらったり、おみやげ屋に寄ったり昼飯時間を除いても正味3時間はかかったみたいです。それでも初めて見る「土楼」はそれなりの価値が有るのかと。

 外壁は180cm以上の土で固められ、その土と木材で作られたこの土楼は他では見られない独特の雰囲気を醸し出しています。

 

 土楼に関しての詳しいことはブログでは割愛させていただきます。詳しくは下記のリンクなどを参考にしてくださいね。(手抜きでゴメンナサイ!)

 ◎ ウィキペディア

 ◎ フォートラベル

 ◎ アラチャイナ

 

 ※今回は「自撮り棒」が大活躍!コレって自撮りだけでなく、色んなアングルで撮れるので普段と違った画像が楽しめます。下記の画像も自撮り棒ならではのアングルです。

世界遺産と言いながら普通に人が暮らしています。しかも観光地化してるので中ではおみやげを売ったり何かと商売っ気が満載です。
世界遺産と言いながら普通に人が暮らしています。しかも観光地化してるので中ではおみやげを売ったり何かと商売っ気が満載です。
生活感満載の世界遺産。コレで遺産として保護できるのかチョット心配です・・・。
生活感満載の世界遺産。コレで遺産として保護できるのかチョット心配です・・・。
みんな好き勝手に商売しています。
みんな好き勝手に商売しています。
ここから歩いて次の場所へ移動。
ここから歩いて次の場所へ移動。
子供もお手伝い。
子供もお手伝い。
そしてもう一つの土楼に到着。
そしてもう一つの土楼に到着。

 実は土楼って分譲されていて買って住むことができるのだそうです。世界遺産を買うことができるってなんか不思議な感じがしますが・・・。

 でっ、売れていない部分は空き家のままで、しかも部屋もなく外壁と構造柱のみ。なんやコレ、って言う感じです。

こんな感じでこれから内壁が作られます。
こんな感じでこれから内壁が作られます。
中庭では職人さんが柱の加工を。
中庭では職人さんが柱の加工を。
愛ちゃんはツアーメンバーのオバサン達!?と座談会。実はココでもお茶をサービス。実演販売でおみやげ屋より安いのでみんなまんまと買って帰ってました。もちろん例外なく愛ちゃんも・・・。^^;
愛ちゃんはツアーメンバーのオバサン達!?と座談会。実はココでもお茶をサービス。実演販売でおみやげ屋より安いのでみんなまんまと買って帰ってました。もちろん例外なく愛ちゃんも・・・。^^;

 ということで更に移動して最後の土楼へ。ココは円形ではなく四角。世界遺産とはいえ、さすがにそろそろごちそうさまモードに・・・。

 ということで土楼見学はこれで終了。ココからまた3時間近く掛けて厦門へ向かうのでした。 この帰りの数時間がなんともツラいんですね~。

 

※ 中国にお住まいでVPNに繋いでいない場合、下記のGoogleMapは表示されません。ゴメンナサイ!

今夜も懲りずに「小吃」巡り♪

 ホテルのある「中山路」の戻り、今夜も早速夜の食べ歩きを開始。お休みということでたくさんのひとで賑わっていました。

 この日も数軒ハシゴするつもりで気合を入れていざ出発!

 結局3軒ほどハシゴし、最終的には屋台の海鮮食ってお腹パンパン。でもココは安かったです。愛ちゃんが持ってるカニも3つで10元。牡蠣も小さいもので1元/ヶ、この日はデカ目の5元/ヶをセレクト。食べて飲んでも100元しないですから北京と比べるとかなりリーズナブル。

 この周辺でも普通に「カブトガニ」が売られてましたが、さすがにチャレンジする勇気はなし。食べたことのある方から聞くと、あまりうまくなかったとか・・・。

 この後、コンビニ行って何かと買い込み、またまた「部屋飲み」で過ごした1日でした。さぁ明日は最終日。楽しんで帰ろ~♪

 

 ◎ 厦門の旅、最終レポートの「南普陀寺」へはここをクリック

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

Copyright © NoCCS All rights reserved.