【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイムは使えません。)

友だち追加

ランチをリニューアル!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

【愛ちゃんが行く!】峨眉山(四川省:世界遺産)

 久々のアップは先日7月25~26日の1泊2日で行ってきた世界遺産「峨眉山」です。元々青空がそんなに多くない成都ですが、ココのところお天気続き。気温も高めで厳しい暑さですが、お天気良ければよしということで行ってまいりました!

 

 峨眉山は五台山、九華山、普陀山とともに中国仏教の四大名山の一つで、1996年に世界自然文化遺産に登録されました。

 

 地場の旅行会社がやってるセット旅行の場合、行きたい場所や宿泊先も決められない上、同じく世界遺産に登録されている「乐山」とのセットが多いので今回はフリーで。「乐山」はすでに行ったので今回はサンセット、サンライズに期待して行ったのですが・・・。

 

まずは朝一で「新南门车站」というバスのりばへ。自宅からはタクシーで10分ぐらいのところなので非常に便利。ココでまずバスチケットを。43元/人。
まずは朝一で「新南门车站」というバスのりばへ。自宅からはタクシーで10分ぐらいのところなので非常に便利。ココでまずバスチケットを。43元/人。

 成都の新南门车站からおよそ2時間半、峨眉山の入り口である「报国寺」というところに到着。さぁロープウェイに乗るのかとおもいきや、ココからさらにバスで移動しないといけません。しかもバスを降ろされたところからこのバスターミナルにたどり着くのに迷いました。わかりやすい標識もなく、外人さんにはちょっとハードル高いですね~。このターミナルで往復バスチケット(90元/人)を買います。ちなみにチケットは距離に関係なく3回分なので、目的地に近いバス停へ2回降りることが出来ます。

 

 报国寺からバスで2時間ほど揺られたどり着いたのがココ。ココで更に峨眉山に入るためのチケット(185元+保険5元/人)を買います。中国ではこういった観光エリアに入るにも入場料がいるんですね。
 报国寺からバスで2時間ほど揺られたどり着いたのがココ。ココで更に峨眉山に入るためのチケット(185元+保険5元/人)を買います。中国ではこういった観光エリアに入るにも入場料がいるんですね。
こんな感じでゲートがあってバスを一度降ろされます。イミグレみたいな感じですね。
こんな感じでゲートがあってバスを一度降ろされます。イミグレみたいな感じですね。

 ゲートをくぐってさらにおよそ30分程度走るとバスで登れる終点ターミナルに到着。今回はココのホテルを取りました。予約時は「頂上までのゴンドラ乗り場まで600m」ということだったので予約。2日前に予約したこともあり安いところは満室で、結局788元/室でした。内装は若干手直しをしているものの、レベルは低めで割高感あり。

 朝7時前に自宅をでてココにチェックインしたのが14時頃。つまり成都市内からでも片道7時間以上はかかるということになります。結構遠いですね~。


 

ホテルチェックイン後、歩いてゴンドラ乗り場まで山を登っていきます。すぐ近くかと思ってたのでコレが意外にキツかったですね。
ホテルチェックイン後、歩いてゴンドラ乗り場まで山を登っていきます。すぐ近くかと思ってたのでコレが意外にキツかったですね。
途中、野生のお猿さんにも遭遇できます。日本ではNGだと思いますが、ココではみんな平気でバナナなどの食べ物を与えています。
途中、野生のお猿さんにも遭遇できます。日本ではNGだと思いますが、ココではみんな平気でバナナなどの食べ物を与えています。
やっとのことでロープウェイ乗り場に到着。ココでまたまたチケットを購入。上りの片道分で65元/人。
やっとのことでロープウェイ乗り場に到着。ココでまたまたチケットを購入。上りの片道分で65元/人。
ロープウェイを降りて少し上がると金ピカの像がそびえ立っています。
ロープウェイを降りて少し上がると金ピカの像がそびえ立っています。
コレが「金頂」、まさにピカピカに輝いています。金頂は峨眉山で2番目に高い峰で標高3077m。さらにロープウェイに乗ると、3099mの「万仏崖」に行けるそうですが今回はパス。
コレが「金頂」、まさにピカピカに輝いています。金頂は峨眉山で2番目に高い峰で標高3077m。さらにロープウェイに乗ると、3099mの「万仏崖」に行けるそうですが今回はパス。
「撮影スポット」ということでところどころにこんな感じでサインパネルが設置してあります。この日は日の出も雲海も雪景色も見れませんでしたが・・・。
「撮影スポット」ということでところどころにこんな感じでサインパネルが設置してあります。この日は日の出も雲海も雪景色も見れませんでしたが・・・。

 結局ロープウェイの運行時間が18時までということで、この場所でサンセットを見ようと思えば歩いて下山しないといけないので諦めてロープウェイに乗る。下りは55元/人。


 日が落ちる時間が20時前後なのでせめて21時までは運行してもらいたいもんですね。


 ホテルの場所まで戻りサンセットに期待しながら先に晩飯を。場所が場所だけに選択肢はなく、数件並んだホテルがやってるレストランへ。中国は「観光地において美味しものはない(競争がないので飲食店の努力はなく、高くても客は我慢して食べるしかない。)」というのがコレまでの経験でわかっているので、とりあえず無難なメニューで。

 案の定、大して美味しくもなく、四川料理の割には辛くもなかったですね。

 

食後、サンセットが見れそうな場所を探すも結局コレがいっぱいいっぱい。やっぱり上に上がらないとムリ。この数時間の間にも脚で山頂を目指す人達が多くいました。サンセットというよりも、サンライズを目当てに登るんでしょうね。でもドコに泊まるのかな~?もしかして、野宿!?
食後、サンセットが見れそうな場所を探すも結局コレがいっぱいいっぱい。やっぱり上に上がらないとムリ。この数時間の間にも脚で山頂を目指す人達が多くいました。サンセットというよりも、サンライズを目当てに登るんでしょうね。でもドコに泊まるのかな~?もしかして、野宿!?

 前日の夜は近くの店でビールを買い込んで早めに就寝。売店はそこしかなく夜10時までなので、部屋のみがお好きな方はお早めに。^^

 

 そして翌朝は前日日の出が見れそうな場所をチェックしていたので5時半頃から待機。しかしながらこの日は薄曇りでコレがいっぱいいっぱい・・・。結局、今回は残念ながらサンセット・サンライズは拝むことが出来ませんでした。

 

 ホテルをチェックアウト後、早速2日目の目的地へ向かいます。登ってきた道をまたバスで途中まで戻り、「万年寺」というところへ。(最初に買ったバスのチケットの2回目乗車ですね。)

 

 万年寺へは歩いても登れますが、かなり時間と体力がいるのでまたロープウェイに乗ります。昨日と同じく上り片道で65元/人。上の地図の「您的位置」から左斜め上の場所が万年寺。その後は西方向へ歩いて移動するルートを選択。最終のバスのりばまではおよそ10km近いアップダウンを覚悟しなければなりませんが・・・。^^;

 

 ロープウェイを降りてまもなく目的地の「万年寺」に到着。ものすごい人と、下山までの時間を考えた際に余裕が無いという判断で中には入りませんでした。

 峨眉山八大寺院の一つで、明時代から「万年寺」と呼称され、四川省の重要文化財に指定されているそうです。

 

こういう昇り降りが永遠につづくのでふくらはぎと膝に負担がかかります。
こういう昇り降りが永遠につづくのでふくらはぎと膝に負担がかかります。
途中にこういった店がちょくちょくあるので、軽く腹ごしらえ。結構ヒザにきてましたので、ココで竹の杖を購入。2元/本。
途中にこういった店がちょくちょくあるので、軽く腹ごしらえ。結構ヒザにきてましたので、ココで竹の杖を購入。2元/本。
ココでは「豆花」と「凉面」とビールで。汗の量がハンパないのでビールはサイコー!各10元也。
ココでは「豆花」と「凉面」とビールで。汗の量がハンパないのでビールはサイコー!各10元也。
次の目的地の途中にある「白龙洞(BaiLongDong)」に到着するも、ココもスルー。^^
次の目的地の途中にある「白龙洞(BaiLongDong)」に到着するも、ココもスルー。^^

 目的地の「清音阁(QingYinGe)」の到着。ココでもかなりへばってきたのと時間の関係で中には入らずそのまま次の目的地へ向かいます。


ココから先は清流に沿って歩くような感じでのアップダウンが続きます。
ココから先は清流に沿って歩くような感じでのアップダウンが続きます。
とにかく水がキレイでビックリ!中国に来て13年目ですが、これだけキレイな清流を見たのは初めてです。
とにかく水がキレイでビックリ!中国に来て13年目ですが、これだけキレイな清流を見たのは初めてです。

 そしてココが目的の「一线天(YiXianTian)」と呼ばれるところです。以前に重慶の「地缝天坑(DiFengTianKeng)」というよく似たようなところへ行ったことがあったので、正直大きな感動には至りませんでした。ただ水のキレイさは本当にびっくりデス!

 この先を更に突き進んでいくと「峨眉山生态猴区(EMeiShanShengTaiHouQu)」という野生の猿が見られるエリアがあるのですが、途中で挫折して引き返すことにしました。というのも、さる使いが観光客に猿と一緒に写真を撮る商売をやりまくっていましたので、正直ちょっと興ざめしてしまいました。野生と言いながらコレは良くないですよね~。

 

 ということでひと通りのコースを回りバスのりばへ向かったのですが、ココからがまた遠い。三輪車などが待ち受けていましたが、ここからの距離が検討つかずでヘロヘロになりながら「五显岗(WuXianGang)」というバスのりばに到着。そこから成都へ帰るためのバスターミナルへ向かいます。


 スタートした「报国寺(BaoGuoSi)」についたのが16時過ぎ。時刻表を見ると、成都へ行くバスは9時から2時間おきの5便しかなく、最終が17時発だったので結局ギリギリということだったんですね。17時前についてホッとしましたが、コレ逃したらどうやって帰ってたのかとちょっとゾッとします。ちなみに帰りのバス代はなぜか50元/人。

 

 無事バスに乗り、ココから行きと同じように2時間半ほど揺られ成都市内に到着。かなりハードな2日間でした。若干の反省点といえば、

 

① この時期よりも冬のほうがキレイ。

 (お知り合いの方が雲海があって日の出を見るのはサイコー、と。)

② ホテルは高くても「金頂」に取ったほうが価値あり。

 (結局歩いて登らないとサンセット・サンライズが見れない。)

③ 時間には余裕を持って、しかもバスの時間は必ずチェック。

 

といったところでしょうか。

 今後、このブログを見て峨眉山へ行かれる方がいらっしゃれば、是非参考にしていただければと思います。

 


Copyright © NoCCS All rights reserved.