【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイム、お持ち帰りには使えません。)

友だち追加

ランチはメチャお得っ!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

【愛ちゃんが行く!】温野菜日式火鍋(日式火鍋:東直門)

 今日の北京は最高気温が11度で雨。北京の郊外では雪が降ったとか・・・。なんとまぁ暑くなったり寒くなったりと今年のお天気はホント異常ですよね。

 ということで、今日は昼から前から気になっていた「温野菜日式火鍋」というところに行ってきました。

 

このビルの地下1階にあります。
このビルの地下1階にあります。
ココを降りていきます。
ココを降りていきます。

 店は大繁盛、お昼に行きましたが待ち時間は40分程度。それでも多くの人がまだかまだかと待っているほどでした。

 というのも、ココは鍋の食べ放題のみで、鍋の種類は8種類から選べ、しかも中国で言う「鸳鸯锅(YuanYangGuo)」と呼ばれる半分に仕切った鍋で2種類が選べるというありがたさ。その上、前菜や小菜、デザートがついてソフトドリンクは飲み放題(100分)、もちろんお肉や野菜もおかわり自由という豪華さ。

 お昼の部は128元/人、夜の部は168元/人ポッキリ。30元/人プラスで日本酒、ビールなども飲み放題がつけられるなど、ココ最近ではまれに見る”お得感満載”のお店です。それゆえに今日も大繁盛で、90%ほどが中国人のお客さんでした。

 

 ※ 5/15までは昼も夜も30元/人安いキャンペーン中で、98元/人(昼)と138元/人(夜)です。

 

コレが「鸳鸯锅(YuanYangGuo)」です。今日はすき焼きと和風激辛スープをセレクト。
コレが「鸳鸯锅(YuanYangGuo)」です。今日はすき焼きと和風激辛スープをセレクト。
お肉は牛肩肉、牛バラ肉、豚トロ、ラム肉の4種からセレクトできますが、本日はラム肉をやめて牛肉を多めに。基本は一人4皿。でもいくらでもおかわりできます。
お肉は牛肩肉、牛バラ肉、豚トロ、ラム肉の4種からセレクトできますが、本日はラム肉をやめて牛肉を多めに。基本は一人4皿。でもいくらでもおかわりできます。
野菜盛り合わせ。あとから思いましたが、コレを頼むより自分で好きな分だけ取りに行くほうが良かったな~、と。
野菜盛り合わせ。あとから思いましたが、コレを頼むより自分で好きな分だけ取りに行くほうが良かったな~、と。
野菜類は自由にココカラ取っていけます。
野菜類は自由にココカラ取っていけます。
前菜の三品。コレはお代わりできません。お刺身はそれなりに。これだけでも一般お店では50元は取られるかな~。
前菜の三品。コレはお代わりできません。お刺身はそれなりに。これだけでも一般お店では50元は取られるかな~。
おつまみの一品もメニューから一人一品頼めます。今日はキムチとポテトサラダ。おかわりOK!
おつまみの一品もメニューから一人一品頼めます。今日はキムチとポテトサラダ。おかわりOK!
ドリンクバーコーナー。カルピスにコーヒーまであります。アルコールは別途。
ドリンクバーコーナー。カルピスにコーヒーまであります。アルコールは別途。
締めはデザート。キャラメルプリンとアイスをセレクト。
締めはデザート。キャラメルプリンとアイスをセレクト。

 実はデザートの前に「主食」なる、麺類(うどんや中華そば系)も選べたのですが、すでに腹いっぱいなので遠慮しました。^^;


 正直、基本コースを頼めば一般的な方であれば追加なんかは一切なしにお腹いっぱいになります。この値段でこの量とレベルは久々のヒットですね。

 ちなみに隣にいたアベックは、お肉18皿に追加のものは倍ほど頼んで黙々と食べていらっしゃいました。^^;


 ※ アワビが5元/2ヶというキャンペーンもやってました。隣のアベックは10ヶほど頼んでた、スゴい・・・^^;


 ちなみに同じビルの1階にある「伙伴(HuoBan)」という焼肉店も同じ老板(オーナー)ということで、北京の方だそうです。「米粟米(MiSuMi)」というとんかつ屋さんも経営というなんとまぁ日本食びいきのオーナーですね。でも日本式と中国ウケするのこの店はなかなかツボをついてると思います。

 中国で有名な「大众点评」でも高評価を得てますね。下記にリンクつけましたのでご参考まで。

 

 ▶ 温野菜日式火鍋(大众点评)


 ちなみに数年前まで永安里の秀水2号に「富山海」という日式火鍋の店があって、そこも食べ放題で結構うまかったんですが、もし今お店があれば大繁盛してたのかもしれませんね。富山の日本人の方が経営しておられたので時々行ってたのですがちょっと残念です。

 


Copyright © NoCCS All rights reserved.