【Yahongの独り言】線路のど真ん中で売るオジさん

 ボクの仕事場は東四環外にあり、地下鉄の最寄りの駅が「四恵」というところになります。その駅の近くに別で線路が通っていおり、踏切があります。この路線ルートは貨物専用のようで、ほとんど列車が通ることはありません。


 ただ万が一、コレに引っかかるとおそらく10分程度は渡ることができません。何両編成なのかはよくわかりませんが、ゆっくりと永遠に連なって走ります。どれぐらいの間隔でその列車がやって来るのかもわかりません。ココに事務所を移してからすでに6年以上経ちますが、引っかかったのは過去に2回だけ。まぁそう頻繁にこの踏切を渡ってるわけではないんですが・・・。

 

 その踏切のど真ん中でものを売るオジさんがいます。一枚目の画像のド真ん中で座っているオジさんです。何を売ってるのかよくわかりませんがおそらくちょっとした果物。

 なんかやたら「サマ」になってるな~と思い、特に何があるわけでもありませんがアップしてしまいました。

 

 ちなみにコレを踏切と呼んでいいのか調べてみましたが、警報機も遮断機もない踏切を「第4種踏切」と呼ぶそうです。ココはさらに踏み板も何もないのでさらにランク上!?の「勝手踏切」になるのではないかと・・・。元はレンガの壁があったようなですが、それをブチ破ったような感じで、上記画像のように人が自由に行き来できる生活道路になっていますからね。

 でも列車が来た時はどうやってわかるんでしょうね。誰かが「火车来了!(電車来たぞ~!)」って叫ぶんですかね。

 

 コレは2年前の冬に同じ場所で撮った画像です。北に位置する北京は乾燥がひどく、あまり雨が降りません。それゆえに雪もあまり降らないんですね。年に2~3回ドッと降ってそれっきりっていうパターンが多いですね。


 コレも同じ日に撮ったのですが、いつもこんな感じで「勝手踏切」の横で果物なんかを売っている人たちが多くいるんです。なぜかと言うと駅に向かう人は必ずココを通るからなんです。理にかなってますね。


 ということで本日はなんでもない北京の一風景をお届けしました。^^