【愛ちゃんが行く!】竹簍香冒菜(四川料理:成都四川大学南門近く)

 一部のお知り合いの方などにはお伝えしていますが、実は5月の後半から仕事の理由で「半分北京、半分成都」という生活をおくることになりました。出張ベースでは2004年ぐらいから行ってるので10年近くになりますが、実際住んでみると全く違う感覚ですね。

 

 そんな理由もあり、ココのところバタバタしっぱなしでなかなか更新も進まず。なのでネタはドンドン溜まっていく一方です。

 

 成都では日本食の店もさほど多くないうえに、やっぱり中華といえば四川料理が一番と思ってる自分にとっては食べない訳にはいかない。

 そんなことで今後は北京と成都の情報を取り混ぜてアップしていきたいと思います。

 

 まず最初にご紹介するのは、成都市は武侯区にある四川大学南門の近くで、学生さんも通えるリーズナブルなお店が多く並んでいるエリアからです。(画像は南門ではありません。)

 

 店の名前は「竹篓香冒菜(ZhuLouXiangMaoCai)」といいます。中国の「大众点评(DaZhongDianPing)」という日本でいうぐるなびのようなサイトがあり、そこでもそこそこ人気のある店です。

 この「冒菜(MaoCai)」というのはこの料理の総称で、北京でいう火鍋や麻辣烫を合わせたような感じの料理です。

 この店の評価はこんな感じです。(ここをクリック

 

冷蔵庫にある串に刺さったネタを自分でセレクトしてオジさんに渡して調理してもらいます。
冷蔵庫にある串に刺さったネタを自分でセレクトしてオジさんに渡して調理してもらいます。
店内の何ヶ所かにごはんやおかゆがあり、自由に食べられます。
店内の何ヶ所かにごはんやおかゆがあり、自由に食べられます。
本場四川なのでやはり「麻辣(MaLa)」のレベルは高く、後半戦になると唇がしびれてきます。でも美味しんですよね、コレが。ごはんに油を吸わせてから食べるのもひとつのテクニックです。
本場四川なのでやはり「麻辣(MaLa)」のレベルは高く、後半戦になると唇がしびれてきます。でも美味しんですよね、コレが。ごはんに油を吸わせてから食べるのもひとつのテクニックです。
この時期は窓が全開で気持よく食べられます。
この時期は窓が全開で気持よく食べられます。
外から見るとこんな感じ。
外から見るとこんな感じ。

 とまぁ辛いもの大好きの愛ちゃんもヒイヒイ言いながら食べるぐらいですからそこそこ辛いものが食べれないと辛いかも!?

 飲んで食べても1人50元もかからないので普段使いのお店としては◎。旅行で来られた方はちゃんとした有名店に行くことが多いでしょうが、こういったローカル店は安くて本当に美味しいところがいっぱいあります。

 

 せっかくなのでこういったお店も含め、北京情報だけでなく、成都の情報も発信していきたいと思いますのでお楽しみに~♪