【Yahongの独り言】本当に危険な北京の空気

 今日、スゴく気になったのでアップすることにしました。皆さんもご存知の「pm2.5」ですが、濃霧でまわりが見えなくなるほどヒドい日もあります。確かに煙ってると「空気悪いな~」と思うわけですが、もっと視覚的に「エ~~~っ!!」っていうのをご紹介します。

 上に掲載している2枚の車の画像ですが、実はコレ車が汚れていて雨が降ったからこうなってるんではないんですね。「雨水がこれだけ汚い!」ということなんです。気になったので徒歩での通勤途中の25分間ズ~っと止まっている車を見ていましたが、ほとんどの車が同じような汚れ方をしていました。まさに泥水をかけられたような感じです。

 車だけではなく、歩道などのある植物もこんな感じでドロドロ。
 車だけではなく、歩道などのある植物もこんな感じでドロドロ。
画像ではチョットわかりにくいですがシミだらけになっています。
画像ではチョットわかりにくいですがシミだらけになっています。

 

 そう言えばこの前少しだけ雨が降った際に傘を使ったのですが、傘を乾燥させたら斑点で汚れが残っていたのを思い出しました。ほんの少し使っただけでシミが残っています。もちろん傘が汚れていたわけではないのでやっぱり雨水が汚いという結論に達しました。

 

 コレって汚染物質が混ざった雨なのでそのまま土壌や河川の汚染に繋がります。実際に口にする生鮮モノもこういった環境の中で育てられるわけです。そう考えると何を食べても安全なものはないということになりますね。国家レベルで改善に取り組んでいるようですが、1日も早く空気汚染が改善されることを願うばかりです。