【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイム、お持ち帰りには使えません。)

友だち追加

ランチはメチャお得っ!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

【Yahongの独り言】PM2.5と向き合う

 最近良く見かけるようになった練炭を運ぶリヤカー。国慶節を過ぎて一気に冬にまっしぐらの北京ではおなじみの光景ですね。

 さて昨年の冬からやたらと話題になる「PM2.5」ですが、今では携帯なんかの天気予報にも数値が出るようになり、ほんとメジャーになりましたね。これからますます寒くなるので皆さんもチョット心配ですよね。

 

 この空気の汚染についてはいろいろな要因があります。自動車増加に伴い排気ガスの増加、しかも粗悪なガソリンが一般的に使われてる。排ガス規制をクリアした車であっても意味ないですよね。他にもいろいろ要因はあるのですがボク思うにやっぱり元凶はこの「練炭(石炭)」かな~、と。

11月2日に撮影。
11月2日に撮影。

 石炭って昔は日本でも普通に使っていました。ボクが子供の頃はストーブではなく練炭の暖房。(ボクはかなりオヤジです・・・。)たまに窓を開けて換気しないといけないんですね。環境に良くないので今では一般家庭で使われることもなくなりましたが・・・。

 

 しかしながら中国ではまだまだこの石炭による暖房が普通に使われています。他の資源よりも安く手に入るのでどうしても石炭になってしまいます。また工場などが多い郊外などに行けばコストが安いこと以上にインフラがまだ行き届いていない場所もあるためこの石炭に頼らざるをえない。火力発電所などは浄化する機能を備えているとの話ですが、あらゆる一般の産業であったり小型ボイラーの使用、一般家庭などではそういった装置はなかなか備えることもできません。

 

 出張が多いボクは「空港まであと30分です。」というアナウンスの際、飛行機の窓から外を見ますが、北京市内よりも郊外のほうがひどいな~といつも思います。真っ白で街が見えません。知り合いの環境専門家は実は1998年がピークでもっと酷かった、と話しておりました。

 いずれにしてもこういった問題ってほんとに簡単ではないな、と思います。インフラがしっかり行き届くこと、そして国がしっかりと規制をかけることなど踏むステップはたくさんあります。そのためにはやはり根本的な所得格差などを改善しないと変わっていかないやろ~な、と。そう考えると何年経てば空気のきれいな中国になるのかと少し気が遠くなってしまいます。原子力も火力も使わず、ほんとにECOな風力や地熱、太陽光発電などの自然エネルギーがメジャーになれば地球の環境もグッと改善されるんでしょうね。

 

 ということで今日はチョット重~い話題になってしまいましたが皆さんはどう思われますか?^^;

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    A子 (木曜日, 07 11月 2013 15:44)

    道路清掃員、交通整理員、 宅配の人、はたまた路上で商売してる人 
    その他にも、皆 生活を余儀なくされ 心配しながらも
    仕事を選べないんだと思いますが 健康被害は深刻だと
    思います。 
    北京だけ見ても盛んに行われている土地開発や建築ラッシュ
    経済発展による格差社会、環境問題など 人民の犠牲も
    大きいのですよね。
    石炭や練炭から 天然ガスへと簡単に言っても
    言われるように低所得層の人たちの負担は困難でしょうし。
    経済発展で生み出した格差社会の所得格差の改善が
    重要なんだって 今日のブログで 私も考えることのキッカケに
    なりましたよ。 暖気は 有難いことですが環境の許容量を超える
    要因でもあるということを知った上で。。。

  • #2

    B男 (木曜日, 07 11月 2013 19:29)

    練炭って懐かしいなぁー!僕が子供の頃は家にもあった。母が、毎年冬先にいっぱい買い込んで、冬に一日一個ずつ使っていました。でも、それがPM2.5の原因とは・・・(笑)それにしても経済格差が大きくなっている中国では、確かに富裕層以外はこの練炭や石炭で冬を越すしかないでしょうね。都市部では電気暖房ですが、田舎まで電気暖房にするには何十年もかかりそうですね。田舎まで豊かになれば、PM2.5はなくなるってわけですね。いい勉強になりました。ありがとうございました。

  • #3

    Yahong (木曜日, 07 11月 2013 22:38)

    >A子さん
    いつもコメントありがとうございます。
    「環境にやさしい=フトコロに厳しい」っていうのは仕方ないんでしょうね。
    モノを作る材料でもバージン材(真っさらの材料)よりもリサイクル材のほうが高かったりします。
    環境を守るためにいろいろな装置や設備が必要になるからですね。
    当然いろんな面で同じように個人へも負担が来ますが、日本なんかはまだ所得差がない方なので守りやすいです。

    先日出てた記事では家の中では電球しか電化製品がないところへ習近平さんが行ったら「あんた誰?」って言われたそうです。
    さすがに日本ではそういうことはほとんどないとは思いますが、中国ではまだまだ情報も途絶えたままなんでしょうね。

  • #4

    Yahong (木曜日, 07 11月 2013 22:53)

    >B男さん、はじめまして!
    コメントありがとうございます。
    家に練炭があったって言うことはボクと同世代の方ですね。(笑)

    練炭がなくなれば少しはPM2.5もマシにはなるでしょうがなかなか難しい問題でしょうね。
    日本でも昔は公害だらけで水俣病やアスベストやら公害を連想させられるいろんな単語が浮かびますよね。
    そこから数十年かかって今の環境にたどり着いた。
    ボクが思うには政府は格差を減らすためにもっともっと力を入れて欲しいです。
    インフラだけでなく、情報やルールなど人民の方々がみんなどうやって暮らすべきかを共通認識できる学習環境も必要かと思います。
    やっていいことと悪いことが自然に身につくようにならないと変わっていかないですよね。
    日本は小さな島なのでいいのですが、中国のように広大で民族が多い国ではなかなか難しいだろうなと思います。

    思えば日本の公衆トイレも時に煙草の煙で煙たく、便器に吸い殻が普通にありましたね。
    個人的な意見ですが、「トイレ=文化レベル」だと思っています。

  • #5

    みどり (土曜日, 23 11月 2013 08:12)

    主人の住むアトリエは自分で石炭を炊いています。アトリエ建てるときに、何で暖をとるのが一番安いか計算したら、やはり石炭なんですね。電気よりも、灯油よりも。中国人、そりゃー環境保護より、自分の懐考えますよ。郊外に別荘を持つような富裕層でも石炭が普通じゃないか。★あ、事後報告ですが、本日のうちの記事、ラーメンに関して、こちらのブログにリンクを貼らせていただきました。

  • #6

    Yahong (土曜日, 23 11月 2013 16:29)

    >みどりさん、ご無沙汰しています。
    コメントありがとうございます。

    そうなんですよね、やっぱり石炭が一番安いからどうしても選択してしまう。
    極端な話、国が石炭を他の電気などよりも高くしない限りはなくならないでしょうね。
    でも「アトリエに石炭」っていうのはなんとなくはまってるような気がするのはボクだけでしょうか。
    環境というよりも、換気を十分にして健康に気をつけてくださいね。

    それとリンクありがとうございます。
    ラーメンだけではありませんが、コレまで言ったお店のブログを一覧にしていますので、サイト内の「お出かけINDEX」もご参考くださいね。


Copyright © NoCCS All rights reserved.