【アクセスカウンター】

現在の閲覧者数:

(2017年3月9日設置)

【 Infomation 】

『500円クーポン』プレゼント!

LINEフォローの方にもれなくクーポンをプレゼント中!(ランチタイム、お持ち帰りには使えません。)

友だち追加

ランチはメチャお得っ!

 お昼のランチメニューは、中国の「盖饭(ぶっかけスタイル≒カレーのような感じ)」でご提供!価格も480円、580円のツープライスに抑え、さらにプラス100円でランチセットにできます。

 さらにドリンクはすべて100円引きで免税!お昼にちょっと休憩したいときにぜひご利用くださいませ~♪(ランチは月~金11:30~14:00)

『お持ち帰り』もOK!

お店に入って食べるほどでもないけど、一度食べてみたいという方にもぜひご提供したいと思います!お気軽にお店に声かけてくださいね。

【QRコード】

■微信(ウイチャット)をお持ちの方

❏NoCCS掲載サイト

❤ よかったらシェアしてね ❤

blogramのブログランキング

【お役立ちリンク】

【重要なお知らせ】出入国管理法について

 今日のお知らせはNoCCSには関係ありませんが、中国に駐在の日本人の皆様には非常に重要なことと思いアップさせて頂きます。

 

 今月7月1日より表題どおり出入国管理法が改定され、ビザの更新などについて日頃の仕事にも影響が出そうな事態になっています。ビザの更新手続き期間はもちろん管理局へパスポートを預けることになり、海外はもちろんのこと、身分証明書が必要な中国国内の移動や宿泊などができなくなります。ボク自身も日頃から月に2~3回は国内出張があるので正直スケジュール調整に困っております。

 この件についてはいろいろなところからも順次情報が入っていますので、皆さんにも現在わかってる情報をお伝えして少しでもお役に立てればと思っております。

 ビザ更新について特に気になる部分を簡単に言いますと、
1.ビザの手続き期間が5営業日(実質1週間)から15営業日(実質3週間)に延長。
2.申請手続きは期限の30日前までに「開始」すること。
です。

 

 これに補足注意事項を付け加えますと、


▶ 上記はビザ申請期間なので、ビザ更新に必要な就業証更新など必要な書類の更新はその前にやっておかなければいけません。(これも状況により数日間かかることもあります。)
▶ ビザ更新手続きは期限の60~30日前の間で開始できるそうです。(ギリギリの30日前に手続き開始すると期限のおよそ1週間前に上がってくるっていう感じですね。)
▶ 上海は写真付き(割印付)の預り証(申請証明)が出るそうですが、各エリアによって異なり、北京では今までどおりの預り証(ただの引換券)になるらしく、国内移動も不可の可能性が大きいそうです。

 

 特に気になるのは「預り証」がどこまで認められるのか?ということですが、各関連機関へ問い合わせをし確認しても、ホテルは大丈夫と言いながら実際には拒否されたり、場所や受け付ける担当者によってYesNoのバラつきがあったりと、確実性のある回答ではないようです。

 つまり結局のところ、「預り証がパスポート代わりに使用できる」ということはムリということを前提に考えておくほうが懸命ということで、もしそれが使えたらラッキーということですね。

 

 また新規申請の場合、必要となる「犯罪経歴証明」(コレは日本で発行してもらうためかなり時間を要します。)についても、「就業証」の書き換え(ページが無くなった場合)にも必要だとかどうとかっていう話もあり、これも所轄の区や担当者によりバラつきがあるようです。

 

 いずれにしてもビザの期限が3ヶ月を切ったあたりから何らかのアクションがあったほうがスケジュールも組みやすくなるのではと思います。現に9/15が期限のボクは先週から手続きの準備を始め、すでに決まっている出張に被らないように調整中です。おそらく来週末からの3週間は北京から動けなくなるんではないかな~、と言った感じになりそうです。

 

 ちなみにボクは中国の証明写真入り「社会保険カード」を持っていますが、コレも無効らしいです。中国の運転免許証もダメ。

 日本なら運転免許証や保険証も身分証明証として有効なんですけどね。

 

 ということで皆さんも今一度ビザの期限を今一度ご確認いただき、早めの準備をされることをオススメします。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    伊藤雅一 (月曜日, 22 7月 2013 01:08)

    貴重な情報有り難うございました。
    現在は出張ベースなので特に問題ないのですが、
    駐在になった場合気をつけなければなりませんね。

    これは尖閣諸島の問題が影響しているのでしょうかね?

  • #2

    Yahong (月曜日, 22 7月 2013 01:37)

    伊藤さん、コメントありがとうございます。
    この件については日本だけの問題ではないので各国の方々が戸惑っていると思います。
    ボクも理由はよくわかりませんが、海外から入国者に対して更に厳格な規制強化って言うことなんでしょうか。

    いずれにせよ家賃や人件費の高騰を含め、ますます環境が厳しくなることは否めません。
    一般的に「チャイナリスク」と言われますが、決まったら即施行という中国の制度に対しては、「想定外」という言い訳では生き延びていけませんので踏ん張っていくしかありませんね。常に目の前の「事実」を受け入れながら・・・。

  • #3

    やす坊 (木曜日, 25 7月 2013 21:13)

    「果敢な生活」ブログから飛んできました。
    15日は長いですね。私もビザ更新の時期になっており、うちは中国の結婚証がないので、帰国した際に、日本の戸籍の認証をとってこようと思ってます。ビザ更新も面倒ですが更新後の48時間以内の公安への届出など面倒です。就労ビザについても2年以上の職歴が必要になるなどの情報が入っており、年々厳しくなってきてる空気をヒシヒシと感じています。

  • #4

    Yahong (金曜日, 26 7月 2013 01:11)

    やす坊さん、コメントありがとうございます。
    ビザだけでなく今後もいろいろな制度が変わっていきそうですね。
    外国人としては何かと面倒なことも増えそうな感じです。
    また新しい情報があれば順次アップして行きたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。


Copyright © NoCCS All rights reserved.