❏ 「MUSIC TRUNK」最新記事


ビル・ラバウンティ(Bill LaBounty)「This Night Won't Last Forever(1978年)」File0048

Bill LaBounty(ビル・ラバウンティ)/ This Night Won’t Last Forever

 考えてみると、コレまで個人的に大好きな70~80年代のAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)をご紹介したことがなかったので、今日はこの「ビル・ラバウンティ」をピックアップします。とは言うものの、AORの定義って曖昧なのでボク自身も良くわからないんですけどね。(デヴィッド・フォスターはAORなのか???)

 

 まずは、1978年の2ndアルバム「This Night Won’t Last Forever」からのタイトル曲であり、1990年のフジテレビの月9ドラマ「すてきな片想い」の挿入歌となった「This Night Won’t Last Forever(邦題:涙は今夜だけ)」をシェアします。中山美穂さん、柳葉敏郎さんのW主演のラブストーリーでしたね。フジテレビの月9ドラマは、コレに続き「東京ラブストーリー」と「101回目のプロポーズ」がヒットしました。

 

 

 ボクが個人的に好きなのは、4thアルバムの「Bill LaBounty(1982年)」ですが、日本ではコレがデビューアルバムとのことです。このアルバムはよく聴きました。スティーヴ・ルカサーやジェフ・ポーカロ、デヴィッド・サンボーン、パティ・オースティンなど、豪華ミュージシャンが参加しています。

 そのアルバムの中から、よくピックアップされる名曲「Livin' It up(1982年)」をシェアします。

 残念ながら!?、ビル・ラバウンティは、1990年以降カントリーミュージックにシフトしていったので、あまり聴かなくなってしまいました。(カントリーミュージックが嫌いという意味ではありません。)

 

 今はどうしてるのかなぁ~、といろいろ探してみましたが、正直わからないです。Youtubeでは2014年に日本でライブ(COTTON CLUB)をやっていたので、そのダイジェスト版をシェアしますね。

 

 ちなみに、2015年にベスト盤がリリースされていますので、ご興味ある方はぜひ聴いてみてください。ジャケは、なんと鈴木英人さんです。ボクと同世代の方なら、雑誌「FMステーション」の表紙や山下達郎さんの「FOR YOU」のジャケ、と言えばわかりますよね。やっぱりAOR系にはこういったアートジャケットがなぜかハマります。


0 コメント

❏ サイトの内容について


現在、本サイトで更新しているのはメニューにある「MUSIC TRUNK」(2020年11月よりスタート)のみです。70年代から現在までの音楽に関して、ノージャンルで、MVをピックアップし、簡単なコメントを加えながらご紹介していくブログです。あくまで「ボクが知る範囲+調べた情報」ですが、音楽好きな方に共感してもらえ、かつ有意義になるような内容にできれば幸いです。

なお、メニューの「MUSIC TRUNK」をクリックすればすべてが新しいもの順に、「プルダウンメニュー」ではカテゴリーを選んで見ることも可能です。お好きな形でご覧くださいませ。

❏ ごあいさつ


2011年12月、中国の北京という地に「NoCCS(ノックス)」が誕生してからすでに10年が経過しました。

北京では「NoCCS = No Concept Community Space」という形でコミュニティバーをオープンさせ、日本の大阪では2016年に個人事業主「NoCCS」としてチャイニーズバルを開業し、その後中国家庭料理「愛麻婆」へ。その傍ら、「NoCCS = No Concept Collaboration Studio」と進化し、できることは何でもやっていこうと取り組みはじめていました。

 

2020年より東京で新しいビジネスに携わるため、いったん「NoCCS」は活動休止し、2019年末で大阪をあとにしました。その後、サイトを2年近く放置していましたが、2021年12月に10歳を迎えた「NoCCS」を再度運営者の個人サイトとして再スタートすることにしました。

 

相変わらずの「No Concept」なサイトを運営していきますが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

2021年12月吉日