Welcome to NoCCS Web Site !

 欢迎光临(ようこそ)!「NoCCS公式Webサイト」へ。心より感謝申し上げます。

 

  NoCCSは「ノックス」と読みます。由来は中国:北京で開業したコミュニティバーの名前で「No Concept Community Space」を略した造語で、中国語に訳すと「没概念交流空间=概念なくコミュニケーション出来る空間」です。現在は多分野への事業展開もあり「No Concept Collaboration Studio=概念なく共に活動する工房」へと進化しました。

 「中国」というキーワードを主軸とし、これまでに積み重ねてきたことやネットワークを活かし、いろいろな活動をしています。

BUSINESS OUTLINE


❏ 飲食関連(愛麻婆)

NoCCSが運営する大阪の都島で本場の美味しい麻婆豆腐が食べられるお店。お店では食を通じて中国の文化や魅力をお伝えします。またNoCCSの事業にご興味のある方もぜひお店までっ!^^

❏ オリジナルグッズ製作

イベント、飲食店、物販店向けのオリジナルグッズやノベルティグッズはもちろん、個人の方を対象にしたメモリアルアクリルキューブなどの一点ものグッズまで極小ロットから作成します。

↓↓↓ 順次更新中!

❏ 樹脂ディスプレイ小物製作

既成のものでは設置スペースや使い方によっては大きさや形がどうしても合わないなどのご不満を解消。オリジナルのディスプレイ小物の製作をお請けしています。もちろん少量でも製作可能です。


日中セラピスト技術促進交流

中国の鍼灸は無形文化遺産に指定されるほどの伝統医学として評価されていますが、整体技術についてはまだ道半ば。「美容整体」を基本に日本で中国人技術者向けのスクール(講習)を開催。

↓↓↓ 現在、ページ製作中!

❏ 大型不動産リノベーション支援

商業施設、ホテル、商業ビルなどの大型施設をメインに、物件紹介だけでなく、物件を利回りの良い形にリノベーションする形で運用までご提案。リノベーションには建築のプロが企画~設計~施工管理までしっかりとサポートします。

Wakuwaku 但馬服务指南

目前越来越多中国游客来访日本的大阪和京都。 NoCCS为您提供以关西北部地区为中心的体验之旅,该地区拥有丰富的旅游资源。 我们将为您提供具有高价值的旅程,让您享受日本的美妙自然之旅!

↓↓↓ 現在、ページ製作中


❏ 都島ぷらすメチャ広範囲

我が拠点である「都島」ぷらす関西や中国(CHINA)でNoCCSや愛麻婆と交流のある仲間を紹介するページです。掲載はもちろん「タダ」なので、NoCCSと繋がってもらえる方いらっしゃればぜひご連絡くださいませ~♪

↓↓↓ 順次更新中!

❏ 中国への芸能コンテンツ普及活動

まだまだハードルは高いですが、音楽や演劇などの芸能コンテンツの中国への普及を推進していこうと思っています。一緒に活動できるアーティストの方、もしくは中国で希望されている方いらっしゃればご連絡くださいませ。(中文没问题!)

▶ お問い合わせはこちらから ⇒ info@noccs.net


現在順次サイトを整備中ですのでリンクないものが多いですがご了承くださいませ!

 

上記以外にも中国に関連する業務をメインに、我々の出来る限りのサポートを行っていきます。

「中国」というキーワードでお困りの際はぜひ一度ご相談ください。

 

 ◎ 中国進出などビジネスに関わるご相談

            現地での人材開拓・教育、財務、法律などの専門家ご紹介

 ◎ 日本における中国人材に関わるご相談

     言語の壁、コミュニケーションなどでお困りの方へのアドバイス

 

   ▶ お問い合わせはこちらから ⇒ info@noccs.net

           ▶ NoCCSについてもう少し詳しく、はこちらから ⇒ ABOUT NoCCS

❏ 最新ブログ


今日は「元宵节」

 今日は中国の旧正月の最後の日に当たる「元宵节(YuanXioJie)」といい、春節から数えて15日目をこう呼びます。この日は春節同様、街では花火や爆竹が鳴り響きます。(昨今では禁止されるエリアが多くなり少なくなっていますが・・・。)

 

 ボクは毎年この日が来ると思い出すことがあり、このことは世界のメディアでも大きく取り上げられました。ご存知のかたも多いかもしれませんが、北京のCCTV横に建設中のビルが大火災でほぼ全焼した事件です。

 ボクはこの日すぐ近くにいたので、火が出始めたときから大炎上するまでを目の当たりにしました。

 

 申し訳ありませんが「元宵节(YuanXioJie)」についてはいくらでも調べれば出てくるのでこのブログでは触れませんね。

(画像の左がほぼ全焼した建物。右はCCTV。2009年6月に撮影。)

続きを読む